【金鯱賞2018予想】馬券はスワーヴリチャード-サトノの2頭軸

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

11時をメドに更新したかったのですが、すっかり遅れてしまいました。申し訳ありません。

余計なノーガキは端折って、さっそく金鯱賞の予想へと移ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金鯱賞2018予想

◎⑨番スワーヴリチャード
○③番ブレスジャーニー
▲②番メートルダール
△④番サトノノブレス
△①番ヤマカツエース
△⑤番サトノダイヤモンド

本命は⑨番スワーヴリチャード

現在、断然の1番人気ですから、もう予想の根拠も何も必要ないでしょう。左回りに戻れば、別格の強さを示してくれるでしょう。ココは相手探しに専念すればいいだけ。

その筆頭が③番ブレスジャーニー

距離・馬場不向きの菊花賞、そして前走の有馬記念は度外視していい一戦。レースレベルが怪しいところはあっても、チャレンジC3着はやはり評価せざるを得ません。

2歳時にダンビュライト、スワーヴリチャード撃破の実績。やはり1600~2000mでは上級馬であるということですね。この頭数なら前走のようにゴチャつく心配もありません。

3番手が前走圧巻の②番メートルダール

まだ底を見せない魅力、ここで結果を出せれば大阪杯へ道が繋がります。

△の中では、④番サトノノブレス。しかし、馬券妙味はこの馬になります。

明けて8歳。「体つきに締まりがなくなった」のコメントが何とも味わい深いところですが、現在の日本競馬で8歳なんて衰えたうちには入りません。エサ・育成法・医療技術の進歩が極めて著しいですからね。

フォワ賞・凱旋門賞は僚馬ダイヤモンドの帯同馬、ペースメーカーとしての参戦でしたが、個人的には凱旋門賞で自分の力通りに走っていれば、ダイヤモンドには楽に先着できたと思うんですよね。勝負どころでの手応えも悪くなかったですから。

今回は引き立て役に徹する必要がありませんし、中京は【1-1-2-1】と得意の舞台。久々も【4-2-0-2】と苦にしません。

さらにここは何と言っても展開が有利。逃げ馬不在ですから、難なくハナを切れます。

これで暴走ペース→ダイヤモンドが差すなんて競馬はありません。

そしてその問題のサトノダイヤモンド。

1週前までは稽古でも先着できませんでしたが、今週はキッチリと2馬身先着。とはいえ、本来の動き、迫力には届かないなという印象。現在2番人気、蹴りがいはあります。来たら、「やっぱり強いなぁ、ゴメンナサイ」です。

馬券は馬連で⑨-②③本線、そしてサトノノブレスとのワイド、3連複2頭軸で行きます。

その他、中京はコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>神戸新聞杯連続指数上位的中のコラボ指数 個人的に選んだ3頭がこんな感じで公開もされてます。




<コラボ指数>17日中山午前中6レース全部を6頭BOX購入で299,350円プラスでした。



<コラボ指数>セントウルS指数1位1着、京成杯指数2位1着、紫苑S指数1位1着とコラボ指数1位は信用



<コラボ指数>人気馬以外のオッズ高い馬が上位6頭に入ると高配当の予感するコラボ指数

コラボ指数は3年連続神戸新聞杯上位馬で的中してますので間違いなく信用できるはずです。
午前中6レースと神戸新聞杯無料で指数データ見れるのでお試し可。メールアドレス登録のみーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする