【中山競馬】3月4日(日)ずらずらっとおススメ穴馬

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

ひと段落して、ようやくブログに取りかかれます。頑張りますっ!

先週までブログとnoteを使い分けて更新していましたが、ブログ開設当初より応援して頂いている読者さまから、ブログでもおススメ馬を挙げてくださいとアリガタイお言葉を頂きました。

読者さまあってのブログですので、今週は中山競馬のおススメ馬をUPしていきます。今後もこのような形で進めていこうかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山6R 3歳500万下

◎③番トーセンクリーガー

4走前(5番人気2着・記事はコチラ)にブログでも猛プッシュした馬ですから、覚えている方もいらっしゃるかと思います。その後は順当に未勝利を勝ち上がりましたが、前2走はGIとOP特別。出遅れなどもありましたが、さすがに家賃が高かったと言わざるを得ません。

今回は自己条件。中山1600mの3番枠。ポンとスタートを決めての先行策なら、粘り込みがあってもいいでしょう。

中山9R スピカS

◎①番クラウンディバイダ

前走はポンと出て先手を奪えましたが、そこで必要以上に押さえすぎてしまった印象。ビュッと切れるタイプではありませんから、後続に脚を使わせない平均ペースでの先行策がこの馬の真骨頂。

今回は2走前快勝の大野騎手へ戻りますし、中山芝1800mの最内枠。傷んで見えるインコースも実は見た目ほど傷んでおらず、先行馬不利とはなりません。

③番コスモナインボールを行かせての番手追走。いかにも2走前の再現が期待できそうな並びとなりそうな点も好材料です。

中山10R 総武S

◎⑪番タガノヴェリテ

前走の芝2000mは「ちょっと使っちゃった。テヘッ」みたいなもの。休みを挟んで1000→1600万連勝、みやこS9着・ポルックスS6着とはいえ、ラストはかなりの伸び。ダートならOPでも足りそうな印象も受けました。

ここはタガノが3頭出しですが、いずれも穴のニオイ。タガノ3頭BOX(馬連・ワイド)も押さえます。

中山はこの3つぐらいですね。阪神・小倉はまた朝までにはUPできるように頑張ります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする