2月18日(日)東京競馬おススメ馬

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

先週からスタートした「note」。昨日の結果はtwitterで呟きましたが、見ていないという方に・・・。

2月17日(土)note結果

  • 京都競馬【1-0-0-8】単複回収率190%
  • 小倉競馬【0-0-1-4】単複回収率393%
  • 東京競馬【0-0-0-0】単複回収率0%

京都は1勝(単勝29倍)することが出来ましたし、小倉も3着1回とはいえ、15番人気(複勝3900円)ならお許し頂けるのかなと。問題は東京競馬ですね・・・。

今日、あるフォロワーさんから「有料の予想はちょっと・・・」というお声を頂きました。確かに私も某競馬専門紙勤務ぐらいの情報しか出していないにもかかわらず、大事なお金を使って購入して頂いている身。ましてや回収率0%では返金しなくてはいけないレベルだと思っています。

なので日曜分の東京競馬のおススメ馬はnoteではなく、こちらでUPしようと思います。

2R ◎③番ダノンシャレード

大型馬らしく、叩き2戦目+ダートで変わった前走。まだまだ上積みが見込めますし、距離延長も大歓迎。ダートならこの鞍上も好材料ですし、今回は初ブリンカー。変わる要素が満載です。

3R ◎⑪番シスル

前走は芝適性云々ではなく、距離と相手関係。それでも父ノボジャックなら、やはりダートがベター。ここは変わり身大きい。

4R ⑮番バルトフォンテン

体が絞れて状態は上向いていた前走だが、最内枠で包まれる厳しい形。あの一戦だけでコース適性云々ではないにせよ、バラける東京の方がいいことは確か。一息入ったが、攻め入念。大幅馬体増でない限り、大丈夫。

6R ◎⑨番ブルースカイハーツ

東京新聞杯(リスグラシュー)、ダイヤモンドS(フェイムゲーム)の2重賞を制し、その他にも1600万特別を2勝。とにかく今の東京はハーツクライ向きの馬場傾向であり、ましてや芝2400mなら尚更。条件好転で一変。

9R ◎③番バーンフライ

前走は前半から押っつけ通し。ペースが流れたぶん差し切れたが、印象としては1400mは短い。それでもキックバックを嫌がらなかったし、差す形が取れたことも何よりの収穫。ゴールドアリュール産駒(ゴールドドリーム・エピカリス)が目下2連勝のヒヤシンスS。今年はこの馬が歴史を紡ぐ。

10R ◎②番テーオービクトリー

前走はスローの瞬発力勝負。勝ったトリコロールブルーは単純に力が違っただけだが、2着プロフェットは内々をスムーズに立ち回ってのもの。コース取りの差を思えば、内容はコチラの方が上だったようにも思います。一息後を叩いて状態面も上昇。今度は連対圏まで突入します。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク