【フェブラリーS2018】軽い東京ダートなら巻き返せる◎ロンドンタウン

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

いよいよ、明日はJRA・GI第1弾となるフェブラリーS。少しずつ寒さも和らいできましたから、競馬場に行く足取りも軽くなってきました。春はもうすぐそこですね」。

前日オッズでは、連覇を狙うゴールドドリームが1番人気。そして雪辱を期すテイエムジンソクが2番人気で続いています。サイン派にとっては「羽生選手の連覇=ゴールドドリームも連覇」という構図ですかね。

ゴールドドリームのここ一番での勝負強さ、そしてテイエムジンソクの目下の充実振り。どちらともGIに不可欠な要素ではありますが、東京ダ1600mならこの2頭にも負けないんじゃないか。そう思わせてくれる馬がいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェブラリーS2018予想

◎⑪番ロンドンタウン
○⑩番テイエムジンソク
▲⑭番ゴールドドリーム
△⑯番サンライズノヴァ
△②番ケイティブレイブ
△⑫番ノンコノユメ
△⑥番インカンテーション

本命は⑪番ロンドンタウン

復帰後の2戦とも見せ場を作れていませんが、中京・大井と重たいダートが堪えた印象も。

ここまで全7勝を挙げていますが、内3勝が不良・重馬場でのもの。初重賞勝ちとなった佐賀記念が不良馬場、そして高速決着だったエルムSも重馬場。コリアCは良馬場でしたが、1分50秒7のレコード勝ちが示す通り、軽い馬場。500キロを超す大型馬とはいえ、本質的にはスピード型だということですね。

東京コースでの実績もありますし、ここは持ち味を生かせる軽い馬場。結果的に条件不向きだった前2走も、ここへ向けての叩き台と捉えることができます。

2015年の桜花賞(レッツゴードンキ)以来、GIに縁がない岩田騎手ですが、大一番の強さは園田競馬に足繁く通っていた私にはわかっています。ちょっとどうかなぁという時にこそ、やってくれる男なんです。

対抗が⑩番テイエムジンソク。

前走の東海Sは、2ハロン目に「11.1」を記録した以外は、すべて12秒台のラップ。後続に脚を溜めさせない逃げが打てたことが勝因ですが、貫録勝ちと言っていいでしょう。

目下の充実振り、GIも2度目なら・・・ですが、問題は1600mのスピード勝負に対応できるかどうかという点。しかし、チャンピオンズCで見せた手応えの良さから、個人的にはむしろ合っているのではないかという気がしています。

古川吉騎手は、勝てば21年振りのGI勝利となりますが、実は(学生時代に)その現場に居合わせていました。四角付近で見ていましたが、インを突いて伸びていく後ろ姿を見ながら「買ってへんでぇ~!!」と叫んだことを覚えています。

3番手が⑭番ゴールドドリーム。

大出遅れの南部杯で大勝負していただけに、勝手に相性が悪いと決め込んでいますが、昨年の最優秀ダート馬。普通に走れば・・・ですし、ムーア騎手ならやっぱり無視することはできません。

馬券はロンドンタウンの単複がメイン。馬連・3連複は控えめにしようかと思っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
PR ) また荒れる!?北九州記念は指数で獲る!

サマースプリントシリーズの第4戦「北九州記念
昨年は3連単が107万8270円、2014年は何と395万3810円と荒れに荒れている北九州記念。
高額配当が今年も出るのか!?」注目の一戦です。

そんな難しい北九州記念は「ある指数」を使おうと思っています。

なぜかと言うと、先週のエルムステークスを指数上位4頭で的中!
これで指数上位で的中させたのは4週連続なんです。

そうです!夏競馬も高精度の的中率を発揮している
うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週も凄い的中率でしたよ!3連単58.3%!
2回に1回は3連単が当たっているんです。この夏競馬で!



的中率が高い指数を見に行く!

さらに前哨戦の「アイビスサマーダッシュ」を指数上位で的中させています。
1着のダイメイプリンセス、北九州記念に出走予定ですね!
もう勢いは止まりません!北九州記念にまっしぐら!



メールアドレス登録して、確認メールのURLをクリックすれば登録完了です。
今週の無料情報は「札幌記念」ですが、毎年大荒れの北九州記念も指数で行きます!
だって、的中の連続記録が続いていますからね!

また荒れるのか!?北九州記念!
あなたも指数の勢いに乗って北九州記念獲りに行きませんか!?

的中率が高い指数を見に行く!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする