【ダイヤモンドS2018】次代の長距離砲を先物買い。◎は⑧番レジェンドセラー

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

雪に見舞われ、変則日程となった先週とは一転、今週は平穏に開催されそうで何より。寒さも少しずつ和らいできた印象で、春の足音も聞こえてきそうですね。春は胸躍る季節、今年も誰か入ってくるのかな。

さて東京競馬場では、今年初となるJRA・GIフェブラリーSが行われます。

ダート界完全制圧を目指すゴールドドリームを筆頭に、今年は大井からララベルが参戦。勝負になるかどうかは別にして、やっぱりこういうのは楽しいですよね。もっともっと参戦してきて欲しいなと思います。

その前に土曜日のメインは、伝統のハンデ長距離重賞・ダイヤモンドS(芝3400m)。

このレース3勝目を目指すフェイムゲームが出走。トップハンデ58.5キロは仕方がないところですが、アルバート不在なら・・・とも言えますし、このレースはとにかくリピーターが強い傾向。さすがに馬券外は考えづらいところでしょうか。

でも本命馬はフェイムゲームではなく、あの馬なんです(タイトルに書いてますが)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイヤモンドS2018予想

◎⑧番レジェンドセラー
○⑭番フェイムゲーム
▲①番リッジマン
△⑤番ホウオウドリーム
△⑥番ソールインパクト
△⑬番トレジャーマップ

本命は⑧番レジェンドセラー

前走のAJCCは4番人気7着。前2頭が離す特殊な流れになったとはいえ、特に見せ場はありませんでした。しかし敗因はハッキリとしています。それは距離。

3走前は力が違いすぎて論外ですが、2走前のオリオンSがこの馬の特徴がよく出たレースだと思います。

勝負所からとにかく追い通しで、直線に入ってもなかなか反応せず。最後の最後で何とか差し切ったという内容でしたが、あのレースを見れば、クラスが上がっての芝2200mでは足りないと思うのが普通でしょう。

この馬は本質的にステイヤー。追ってバテない強みを生かせるここは、能力を最大限引き出せる絶好の舞台です。

鞍上の田辺騎手も先日のクイーンCを制して、改めて存在感を示しましたし、個人的には相性のいい乗り役さん。今週もお願いします。

対抗が⑭番フェイムゲーム。

明けて8歳馬とはいえ、さすがにこのメンバーでは蹴るわけにはいきません。トップハンデとなりましたが、このレースは現在5年連続でトップハンデ馬が連対中ですから、軽ハンデ馬よりも信頼度が高いと見ていいでしょう。

単穴が①番リッジマン。

スプリント王レッドファルクスと同じスウェプトオーヴァーボード産駒ですが、こちらは真逆のステイヤー。母系が色濃く出たのでしょうが、それにしても長丁場でここまで変わるとは驚きですよね。前走はペースも合いませんでしたが、ラストは確かな伸び。再度52キロなら重賞でも通用しそうな気がします。

△は⑤番ホウオウドリーム。

母メジロドーベルに父ルーラーシップという良血。格はまだ1600万ですが、東京【3.0.0.1】の適性。ハンデも52キロなら・・・の感触もありますし、長距離でこそ輝くメジロ血統。今回の結果次第では、春の天皇賞も見えてきます。

あとは⑥番ソールインパクト、⑬番トレジャーシップ。

馬券は⑧番の単勝。そして馬連で流したいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする