【浦和競馬2/15】梅花賞自信の本命馬は①番モリデンリオ

スポンサーリンク

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

変則日程で体と頭が追いついていきませんが、もう木曜日。あっという間に校正日を迎えました。

そんな中でも何とか競馬はチョコチョコと買うことができ、昨日の高知では8番人気3着馬を推奨することができて一安心。今日も頑張っていきます。

先日、浦和競馬へ行って「木曜・金曜はイイ馬がいるよ」と聞いてきましたので、今日はとにかく楽しみ。そのあたりも上手くtwitter、noteを活用していきたいと思います。

まずは浦和メイン「梅花賞」の予想から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
難解エリ女3連複的中の新機能
買い目チャート機能?!
読者さんから調べてほしいと
よくよく見てると・・・・


─────────────────────
各プランによって当日、1週間、2週間、1ヶ月の利益変動を実際に目で見て確認して頂けます。 チャートが上がるタイミング(利益を得れるタイミング)は「狙い目」として表示されますので、 お客様には失敗しない投資のタイミングを狙って頂けます。 現在お客様に表示されているチャートは当日単位で利益を得れるプランのチャートとなり、 毎時間的中結果によりチャートが変動します。 基本的にチャートが上がる想定地点の買い目を提供させて頂きますので、 買い目の精度も、的中率も必然的に高い状態で馬券を購入できます。 "狙い目!!"に注目 過去の傾向、ここ最近の的中の経過、実績などをふまえ、 利益を獲得できる可能性が極めて高いタイミングを示します。
─────────────────────
なんだか難しい話ではあるが、
いろいろ機能使ってると・・・・
エリザベス女王杯 3連複37点200円→565420円

こんな御馳走、いや穴馬も仕留めてくれてます!
ちょっとこの新機能気になりますね!
エリ女3連複56万の新サイト
↑からメルマガ登録のみ
リアルタイムで口コミが反映されるのでかなり誠実度高い予想さんです!


梅花賞2018予想

◎①番モリデンリオ
○⑩番ワイルドダラー
▲⑥番フォクスホール
△④番インフォーマー
△③番ベルゼブブ
△⑨番バーンザワールド

本命は①番モリデンリオ

火曜の馬場傾向から、昨日水曜日も①番枠に注意と言いましたが、その言葉通り、昨日も12R中6Rで①番枠が馬券内へ。

メインのユングフラウ賞も①番ピースフルジョイに期待しましたが、スタート後窮屈→最後方から大外ブン回しではお話になりませんでした。馬・枠云々の話ではありません。

モリデンリオは差すタイプですから、あまり枠順は関係ないかもしれませんが、とにかく久々の前走が次に繋がる競馬。前半からソロっと出して、明らかに「試走」といった感。それが最後はかなり目立つ脚で伸びてきました。

久々ひと叩きされての地元戦。ここは③番ベルゼブブ、⑩番ワイルドダラーと前が厳しくなりそうな流れ。この馬に展開もドンピシャでしょう。若武者、保園騎手も心強いところです。

対抗は⑩番ワイルドダラー。やはりキタサンミカヅキを破った実績を軽く扱う訳にはいきません。とにかく充実一途といったレース内容。破綻がなければ。

他には差す④番インフォーマー、⑥番フォクスホール。印どころに馬連で流したいと思います。

では今日も1日頑張っていきましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
やってきました!!ジャパンカップ!!

アーモンドアイとコントレイル、デアリングタクトの名勝負から早1年、今年もやってきましたジャパンカップ!!今年は4頭のダービー馬に、3頭の外国馬も参戦と華やかな対決。しかし馬券となるとどの馬にも3着はありそうで、どの穴馬を狙えばいいのか?予想が難しそうです。
それなら穴馬の取捨が得意な馬券師にお任せしてみませんか?
ココの馬券師はこの秋、みやこS/重賞専用情報で3連単16点予想、1点300円が110万!!



その前菊花賞ではレッドジェネシスもステラヴェローチェも軸には入れずタイトルホルダーからの3連単10点で大的中!京都大賞典では9番人気マカヒキを軸にした3連複では2番人気ヒートオンビートバッサリ切って18.940円が的中!!
1点300円の買い目がわずか2分で110万でした。

【朗報】こんな驚異の買い方する馬券師軍団から
毎週重賞3連複を無料プレゼント!!!
ここから無料登録するだけでプレゼントを受け取れます。
↓ ↓ ↓
今週末の無料情報をもらう
先週のマイルCSはそれほど高配当になりませんでしたがここもしっかりとプラス収支でまだまだ好調です!!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする