【報知グランプリカップ2018】もうひと花がある⑩番リッカルド

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

twitterでも呟きましたが、今週は3日開催。さらに直属の部下が1週間の有給を取って、ハワイへ。

帰ってきたら嫌味のひとつでも言ってやりたくなるほどの忙しさでしたが、仕方がありません。どんどん休んでまた頑張ってもらいましょう。

そしてブログの方も少しお休みする形となり、佐賀記念の予想をUPすることができませんでした。申し訳ありません。

熱心な読者の方からLINEで予想を聞かれたのですが、◎トップディーヴォ→○マイネルバサラ、▲ルールソヴァールでしたが、馬単を推奨してしまいましたのでドボン。UPしなくてよかったかもしれません笑

明日も船橋・笠松・園田・高知とあらゆる場所でオウマさんが走っていますが、まずは船橋メインの「報知グランプリカップ」の予想を挙げていこうと思います。

(必ず主催者発表の出馬表でご確認ください)

 船橋11R 報知グランプリC(1800m) 発走 16:15
1 (大)ロワジャルダン 牡7 56 真島
2 (浦)トーセンハルカゼ 牡8 56 和田
3 (船)タイムズアロー 牡10 56 笹川
4 (船)ポイントプラス 牡9 56 川島
5 (浦)エンパイアペガサス 牡5 56
6 (船)フィールザスマート 牡7 56 左海
7 (大)キャプテンキング 牡4 56 御神本
8 (大)ケイアイレオーネ 牡8 57 的場文
9 (川)イッシンドウタイ 牡9 56 吉原
10 (船)リッカルド セン7 56 矢野
11 (大)バルダッサーレ 牡5 56 五十冬
12 (浦)タマモネイヴィー 牡7 56 山崎誠
13 (川)オメガスカイツリー セン10 56 繁田
14 (船)グレナディアーズ 牡7 56 今野

本命は⑩番リッカルド

重賞・エルムSを含む、JRA6勝を挙げたバリバリのオープン馬。確かにひと頃の勢いこそありませんが、前走のポルックスSでは58キロの酷量を背負っての4着。まだまだ枯れていませんし、むしろ少しずつですが、勢いが戻ってきた感もあります。

このタイミングでの移籍はプラスに働きそうですし、緒戦から矢野騎手を配してきましたから、それだけ期待しているということでしょう。(私との相性は今ひとつなんですが笑)

過去10年の勝ち馬を見てみると、地元・船橋勢が7勝と圧倒的。ここは素直にデータも信頼します。

対抗が①番ロワジャルダン。

こちらもJRA重賞の勝ち馬で、移籍緒戦を2着と好発進。勝ち馬がブルドッグボスだったことを思えば相手が悪かったと割り切れますし、上々の滑り出しと見ていいでしょう。

3番手が②番トーセンハルカゼ。

前走のオールスターカップでは珍しく崩れましたが、若干距離が長かった印象。その点から、金杯トライアル(2400m)取止めはプラスに働くはずで、むしろ運が向いてきた気さえします。この枠なら、内々を器用に立ち回った3走前に再注目ですね。

人気の1角ケイアイレオーネですが、馬云々ではなく鞍上で少し割引。当然、大一番で無視はできませんが、今年はまだ5勝。寒さが関係しているかどうかはわかりませんが、存在感がひと息なことだけは確かです。

△の中では⑥番フィールザスマートが面白そうですね。移籍緒戦の前走3着。慣れが見込める今回はもうひと伸びがあっても・・・。

またもやいいヒットから遠のいていますから、ここらで一発決めたいですね。頑張りましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク