【東京新聞杯2018】待ってました。東京芝1600はフレンチデピュティです

続きまして、東京のメイン「東京新聞杯」の予想。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京新聞杯2018予想

◎⑬番カデナ
○⑯番グレーターロンドン
▲⑧番リスグラシュー
△⑮番ダイワキャグニー
△⑦番クルーガー

本命は⑬番カデナ

皐月賞9着、ダービー11着はさておき、復帰後の3戦を見る限り、明らかに距離が長いなぁという印象。2000mの重賞を2勝しているとはいえ、本質的にはマイラー型。半兄スズカコーズウェイは、東京芝1400mの京王杯スプリングCを勝っていますし、全姉クィーンリヴィエラが挙げた全3勝も1600~1800mでのもの。

カデナのベストパフォーマンスは、おそらく2000m以下。1600mに詰めてきた今回は買うしかないでしょう。

そしてもうひとつ、大きな後押しとなるのが、母父フレンチデピュティ。

東京芝1600mのフレンチデピュティと言えば、2001年のクロフネ-グラスエイコウオーのフレンチ丼に始まり、07年の17番人気1着ピンクカメオ。13年1着のマイネルホウオウは母父がフレンチですし、2着インパルスヒーローがクロフネ産駒。

その後も15年1着クラリティスカイ(父クロフネ)、16年3着レインボーライン(母父フレンチ)、17年1着アエロリット(父クロフネ)と、とにかくこの系統が馬券になりまくっているわけです。素直に従うが吉。

相手は何が何だかわかりませんから、馬券は⑬カデナの単複。そしてもう1頭の母父フレンチ⑪番ベルキャニオンとのワイドを押さえます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする