【東京新聞杯2018】待ってました。東京芝1600はフレンチデピュティです

続きまして、東京のメイン「東京新聞杯」の予想。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京新聞杯2018予想

◎⑬番カデナ
○⑯番グレーターロンドン
▲⑧番リスグラシュー
△⑮番ダイワキャグニー
△⑦番クルーガー

本命は⑬番カデナ

皐月賞9着、ダービー11着はさておき、復帰後の3戦を見る限り、明らかに距離が長いなぁという印象。2000mの重賞を2勝しているとはいえ、本質的にはマイラー型。半兄スズカコーズウェイは、東京芝1400mの京王杯スプリングCを勝っていますし、全姉クィーンリヴィエラが挙げた全3勝も1600~1800mでのもの。

カデナのベストパフォーマンスは、おそらく2000m以下。1600mに詰めてきた今回は買うしかないでしょう。

そしてもうひとつ、大きな後押しとなるのが、母父フレンチデピュティ。

東京芝1600mのフレンチデピュティと言えば、2001年のクロフネ-グラスエイコウオーのフレンチ丼に始まり、07年の17番人気1着ピンクカメオ。13年1着のマイネルホウオウは母父がフレンチですし、2着インパルスヒーローがクロフネ産駒。

その後も15年1着クラリティスカイ(父クロフネ)、16年3着レインボーライン(母父フレンチ)、17年1着アエロリット(父クロフネ)と、とにかくこの系統が馬券になりまくっているわけです。素直に従うが吉。

相手は何が何だかわかりませんから、馬券は⑬カデナの単複。そしてもう1頭の母父フレンチ⑪番ベルキャニオンとのワイドを押さえます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする