【川崎競馬1/31】川崎記念ではなくて3R・7Rが勝負レース

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の梅桜賞は、圧倒的1番人気の支持に応えてサムライドライブが9馬身差圧勝。牝馬同士ではさすがに「タダもらい」感が強かったですが、走るたびに強くなっている気もしますね。次も楽しみですし、もうダービーまで見えちゃった気も。

相手筆頭で期待したトーホウカトレアは、今回も終始頭を上げる仕草。砂を被るのを極端に嫌がるのが、単純に距離が長いのか。狙い時が難しくなってきました。

さて今日は川崎競馬場で川崎記念が行われますが、毎度毎度の顔ぶれ。アウォーディーもアポロケンタッキーも何か怪しい感じがしますが、大波乱まではないだろうという読み。勝負レースはほかにあります。

月・火曜を見ていると、脚質はあくまでも展開次第といったところですが、相変わらず内枠が強い馬場傾向。おそらく今日も内枠勢が有利でしょう。

そしてこちらも相変わらずですが、とにかく浦和勢が強いですね。「馬質がいい大井・船橋ではなく、川崎で勝負」というのが、浦和関係者からよく聞かれる言葉。確かにこの2日間の浦和所属馬の成績を見てみると、【3-5-5-67】。遠征馬の数自体が多いこともありますが、13頭が馬券圏内に来ているということは、印のない馬も無視はしてはいけないということです。

この点を踏まえて、まずは3R。

ここは①番コスモデレガンス、⑤番ハイオンザリスト、⑥番ベリーベリー、⑦番ワイドショー、⑧番エイシンターザン、⑪番ピースタイムの6頭が浦和所属馬ですが、強いて挙げるなら⑤番だけが厳しいかなといった感触。

となると、素直に「内枠」「浦和所属」の①番コスモデレガンスでいいでしょう。久々の前走もラストは目立つ伸び。内々ピタッと回ってくれば、今度は馬券内が見えてきます。

相手も当然浦和勢ですが、その他では⑩番スセソールよりも、③番マイネルサフィロス。ここは差し~追い込み馬が大半を占める顔ぶれ。好枠+先行できるこの馬には要注意です。

馬券は3連複①-③⑥⑦⑧⑩⑪を本線に、①⑦⑧⑪の浦和勢馬連BOXも押さえます。

続いて7R。

ここも内枠+浦和の②番ニシノクラレット

珍しく末脚不発に終わった前走は、久々の1200mが堪えただけ。1400mなら、2~3走前のようにしっかりと脚を伸ばしてきます。

ここはシナノクリス、ドリームダンサーなど逃げ馬に先行馬も複数。自然とペースが吊り上がりそうな顔ぶれですから、末脚勝負のこの馬にとってはお誂え向きの展開となりそう。

こちらも3連複で②-①③④⑧⑪。複勝②でも十分かもしれません。

川崎記念は、またTwitterなどで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ


菊花賞2018のコラボ指数データが準備開始してます。
やはり気になりますよね?!指数1位!
近年1着2着は指数上位4位以内が入線してるコラボ指数データ。
今回菊花賞、そして天皇賞まで無料で公開されるのでお得ですよね?!



この赤枠に入る指数値を当日北条のブログで最終見解とともに確認してみてください。
菊花賞コラボ指数データ推奨上位6頭を見る(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク