【笠松競馬1/25】9R・冬将軍賞は4頭立てのボーナスレース

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日はまったく見当違いの予想。偉そうにLINE配信なんかしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

さて今日は笠松競馬場でJRA交流の冬将軍賞、そして3歳重賞のゴールドジュニアが行われます。2つともに注目レースですので、アップしていきたいと思います。まずは資金稼ぎとしたい9Rの冬将軍賞から。(必ず主催者発表の出馬表でご確認ください)

 笠松9R 冬将軍賞(1400m)   発走:15:10
1 ガンバルタキシード 牝3 54 森島
2 ㊥リリアンローズ 牝3 ☆53 小崎
3 アンジュノワール 牝3 54 栗原
4 ㊥トモジャクアルト 牡3 56
5 ㊥クリノセッシュウ 牡3 56 吉井友
6 ㊥ウインシノビ 牡3 56 岡部誠
7 ㊥カイザーメランジェ 牡3 56 佐藤友
8 スリングショット 牡3 56 高木
9 バンドゥーラ 牝3 54 大塚

本命は④番トモジャクアルト

3走前に京都ダ1400mで4着。時計も1分27秒8ですから、交流戦ならすぐに勝ち負けという評価でいいでしょう。

この顔ぶれなら前づけできそうな気もしますが、それが無理としても追走に苦しむことはないはず。人気でもまず馬券圏外へ消えることはなさそうです。

対抗が②番リリアンローズ。前走は1200mということもあってか、追走に苦しむ形。1400mなら2走前の先行策に再注目でしょう。

3番手が⑥番ウインシノビ。兄がGI馬セイウンワンダーという良血ですが、デビュー2戦目はともにいいところがありませんでした。休養効果+追える岡部誠騎手でどこまで・・・といったところでしょうが、父ヨハネスブルグならこの舞台での変わり身を期待しても。

△が⑤番クリノセッシュウ。430キロと牡馬にしては小柄で、本質的には芝向きと思いますが、軽い笠松のダートならこなせても不思議はありません。稽古の動きも悪くありませんから押さえる必要はあるでしょう。

ここはJRA勢からの関西馬4頭で良さそうな雰囲気。⑦番カイザーメランジェも鞍上に佐藤友騎手を配して勝負気配ですが、ローテに不満(12月10日に中山で出走すると、連闘で阪神へ遠征)が残りますし、関東馬だけにまたも輸送しなければいけません。人気になればなるほど蹴りがいがあると見ます。

【買い目】馬連④-②⑤⑥ 3連複・単②④⑤⑥BOX

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ


菊花賞2018のコラボ指数データが準備開始してます。
やはり気になりますよね?!指数1位!
近年1着2着は指数上位4位以内が入線してるコラボ指数データ。
今回菊花賞、そして天皇賞まで無料で公開されるのでお得ですよね?!



この赤枠に入る指数値を当日北条のブログで最終見解とともに確認してみてください。
菊花賞コラボ指数データ推奨上位6頭を見る(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク