【大井競馬1/24】TCK女王盃の本命は②番オールポッシブル

園田に続きまして、大井競馬のメイン「TCK女王盃」の予想も挙げておきますね。

プリンシアコメータ、ララベルが出走し、いかにも「JBCレディスの再戦」といったところですが、ララベルは休み明け。付け入る隙は十分あるような気がしています。

ちょっと仕事が入ってきそうなので、ササッと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TCK女王盃2018予想

◎②番オールポッシブル
○⑨番プリンシアコメータ
▲⑤番ララベル

本命は②番オールポッシブル

前走は1600万で8着と惨敗でしたが、前半600m通過34秒9とペースが速く、先行馬にとっては厳しいレースだったことも確か。今回は初めての1800mとなりますが、ゆったり運べるぶんプラスに働くはずですし、姉が昨年のこのレースの勝ち馬ワンミリオンス。血統面の後押しもあります。

すんなり先行できそうな内枠も好材料ですし、ここはハナも切れる組み合わせ。粘り込みに期待します。

相手はやはりJBCレディスの2頭ですが、使っている強みで⑨番プリンシアコメータを上位に。3連複の相手で中央馬をバラバラと足す感じで。

【買い目】馬連②-⑨ 3連複②⑨-⑤⑧⑩⑪⑫⑭

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする