【浦和競馬1/12】勝負レースは、2と12レース。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日はtwitterで愚痴をこぼした程度のつもりだったんですが、フォロワーの方から温かいお言葉、叱咤激励をたくさん頂きました。こんなブログでも目を通して頂けていることに改めて感謝をするとともに、いつまでも情けない予想ではダメだということも痛感しました。

結果を出すのがすべてだと思いますが、単勝1倍台をすっ飛ばして気づかされました。

やはり『取りに行く』スタイルは違うなと。

今ひとつ人気を読むのが下手なのですが、誰もがわかるガチガチのド本命馬には◎をつけないことを誓います!

では浦和競馬から参ります。

今日買いたいレースは、2Rと12Rの二つ。

まずは2Rは、⑪番レディーブラント

前走は門別からの移籍緒戦と言うこともありましたが、大井1600mの大外枠で終始外を回らざるを得ないロス。加えてナックコウテイが楽なペースで逃げ切ったように、外枠勢にとっては厳しい展開。ラストに脚が残せなかったのも当然でしょう。

今回は慣れが見込める2戦目、実績を残す1400mへの距離短縮も好材料。山崎良→瀧川騎手なら、鞍上も大強化。前走よりも馬が動くはずです。

何でもアリの顔ぶれに加えて、同枠の⑫番ツキノレガーロも移籍2戦目で侮れない存在。馬券は枠連⑧から流す感じで行きたいと思います。

そして最終12Rへ飛んで、ここは⑨番ロキに期待。

前走の大井戦は6着ですが、最後の直線では狭い間を割ってグイグイ脚を伸ばしてきました。一戦ごとにレース振りが良くなっていますし、このあたりが「慣れ」というものでしょう。

軌道に乗っての地元・浦和戦。鞍上に吉原騎手なら、期待の表れと捉えてもいいはず。相手は⑦番エスシーエイトが本線ですが、②番ジュンアイノキミにも注目。門別在籍時は交流競走を含め、一貫して質の高いメンバーとの競馬。移籍緒戦で体調面が鍵にはなりますが、まともならアッサリがあってもおかしくありません。

馬券は、まず⑨番の単複。そして馬連・3連複で⑨-②④⑥⑦⑫まで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク