【中山・京都競馬1/8】メイン以外で買いたいウマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山5R 3歳500万下(芝2000m)

◎ノーブルバルカン

前走の芙蓉Sは「なぜか」中団~後方からの競馬で切れ負け。やはり新馬戦の時のように前へ行ってこそのタイプでしょう。ここはハナに固執する馬も見当たらず、この枠なら押し出されてのハナまでありそうなムード。いずれにしても持ち味が生かせる展開となりそうですし、牡馬にしては小柄だけに減量が効く点も好材料。

相手は③⑥⑦⑧⑪の5点。馬券は②番の単複と、相手5頭へ流す形。

京都8R 4歳上500万下(芝1200m)

◎①番グランドロワ

4走前は馬場の恩恵があったとはいえ、一気に逃げる形での快勝。今回と同じ舞台と言う点も強調材料。復帰後2戦は行けずに惨敗ですが、今回はブリンカーを着用。幸い、腹を括って行くしかない最内枠。鞍上も4走前快勝の松山騎手と条件が揃った感。ガラリ一変に期待します。

中山9R 成田特別(ダ2400m)

◎②番セイカエドミザカ

クラス3戦目の前走で、ようやく1桁着順。一戦ごとにクラス慣れしていますし、血統的にこの舞台も大歓迎。スタミナが必要となる舞台だけに、ロスなく運べるこの枠も追い風となる。穴で一発!相手は手広く、④⑤⑧⑪⑬⑭あたり。

京都9R 許波多特別(芝2200m)

◎①番ラウレアブルーム

久々2戦目で先行力が戻ってきた前走。叩き3戦目、最内枠なら4走前のように行く形が取れるはずです。藤懸騎手から乗り替わりで、結局主戦の森裕騎手へと戻った点もプラスと捉えたいですし、持ち時計もこのメンバーなら互角です。

更新情報や直前の気になる馬などをLINEでお届けします。こちらをクリック→友だち追加。LINEは常に1:1モードに設定してありますので、気が向いた時、暇な時にでもコメントを頂けると嬉しいです!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018