【シンザン記念2018予想】脚質・枠順ともベストのファストアプローチ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

土曜日に続き、日曜日も今ひとつな結果に終わってしまいました。お恥ずかしい限りです。

そんな中で勝手に手応えを感じたのが、京都5Rで本命にしたディアボレット。ロスなく立ち回って4着はやはり距離の壁。しかし平坦コースなら、最後まで脚色が鈍らないことは再確認できました。「1200~1400m」「平坦コース」の条件が整えばすぐに勝ち上がれます。このパターンにハマったレース選択なら・・・ドカンと行きましょう。

重賞がガチガチの中山金杯しか当たっていないというエグイ現実。3日開催の締めは「シンザン記念」。ここで何とかと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンザン記念2018予想

◎②番ファストアプローチ
○⑧番プリュス
▲⑨番カフジバンガード
△①番スターリーステージ
△③番アーモンドアイ

本命は②番ファストアプローチ

前走の朝日杯FSは、3ヶ月ぶりの実戦。さすがに最後は息が切れてしまいましたが、直線は見せ場たっぷり。今の京都芝は、とにかく内の先行馬が止まらない馬場。脚質的にピッタリですし、枠も絶好。個人的に今ひとつピンとこないシュミノー騎手からの乗り替わりも好材料。関東馬の成績が奮わない一戦ですが、今年はやってくれそうです。

対抗が⑧番プリュス。前走は上がり最速34秒5で差し切り。一息入れたことで馬が成長してきた印象です。父が同じということもありますが、桜花賞馬で2年前の2着馬シジュエラーに似たタイプ。ここで賞金加算なら、桜でも狙える馬となります。

単穴が⑨番カフジバンガード。ここまで計5戦すべて掲示板の堅実派で、前走はマイルにも対応。いかにも大崩れがなさそうなタイプですね。札幌・函館・中山など時計のかかる馬場でこそ狙いだったハービンジャー産駒ですが、昨秋の京都GIを完全制圧(秋華賞・エリザベス女王杯・マイルCS)と、産駒の傾向も変わってきました。「京都で強いハービンジャー産駒」が今の流れ。

あとは内枠・先行馬の①番スターリーステージまで。前売り1番人気の③番アーモンドアイですが、今回は久々+初輸送競馬。確かに馬なりでラスト11秒台連発の前走を見れば、京都でさらに良さが出る可能性もありますが、まだキャリアの浅い3歳牝馬。人気なら破綻の方に賭けるのが穴党でしょう。

馬券は馬連で②番から①⑧⑨へ3点。押さえでワイドもって感じですね。

更新情報や直前の気になる馬などをLINEでお届けします。こちらをクリック→友だち追加。LINEは常に1:1モードに設定してありますので、気が向いた時、暇な時にでもコメントを頂けると嬉しいです!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする