【名古屋記念2018予想】1400mで速力全開◎ホウライマリーン

marcelokato / Pixabay

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今年は金杯が5日ではないので、仕事始めは本日3日から。毎年、電車が空いていていいなと思うぐらいで、すっかりこの流れにも慣れてしまいました。今日は想定やら何やらあると言っても、まだまだお正月気分。地方競馬を買いつつの仕事となりそうです。

まずは名古屋競馬場で行われる「名古屋記念」の予想から行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

名古屋記念2018予想

◎②番ホウライマリーン
○⑥番サンデンバロン
▲⑨番コスモナーダム
△④番アップアンカー
△⑤番ドナルトソン

カツゲキキトキトが回避となれば、どの馬にもチャンスがある組み合わせ。

サンデンバロン、コスモナーダムあたりが人気を集めそうですが、本命は②番ホウライマリーン

ここまで11勝を挙げていますが、そのうち8勝がこの1400m。コロナドズクエストの肌に父サウスヴィグラスなら、前走の1600mから距離が短くなる点は何よりの好材料と言えるでしょう。

徹底先行型ですんなりと先手が取れるこの枠も絶好。サンデンバロンにマークされる展開となりそうですが、この距離ならラストが甘くなる心配もありません。粘り込みに期待します。

対抗がサンデンバロン。カツゲキ回避ならこの馬がアッサリ決めても・・・と言ったところでしょう。1400m適性でホウライを上位に取っただけで、総合力で見れば明らかにコチラに方が上かなとは思います。

3番手がコスモナーダム。こちらもホウライ同様、距離短縮歓迎のクチ。前走はサンデンバロンと接戦でしたし、この馬も引き続き有力候補ですね。

△にアップアンカー、ドナルトソンを挙げましたが、こちらはあくまでも3着までかなと言った感触。3連系で付け足す感じです。

馬券は②-⑥1本でいいのかなと思います。あとは3連複2頭軸②⑥-④⑤⑨で。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする