【高知県知事賞2017予想】フリビオンは大丈夫。問題は相手

続きまして、高知競馬場で行われる「高知県知事賞」の予想へ参ります。

ダ2400mの長丁場。能力以上に適性がモノを言う一戦でもあります。地方競馬ではあまり意味がない「血統馬券」が炸裂するレースでもあります。

ではササッといきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高知県知事賞2017予想

◎⑧番フリビオン
○①番サクラビクトワール
▲②番カッサイ
△③番スタートレイル

本命は⑧番フリビオンで異論はないでしょう。高知生え抜きで、今や全国区の強豪馬へと成長しました。古馬相手とはいえ、地元ならまず大丈夫。エンジンの掛かりが遅いタイプだけに、距離延長がマイナスとなることもありません。高知完全制圧で2017年を締め括ります。

相手筆頭が①番サクラビクトワール。前走の名古屋グランプリはさすがに家賃が高かったですが、2走前の北國王冠(2600m)ではしぶとい競馬で⑤着と好走。長距離適性を存分に示す内容だったと思います。父サクラローレルですから、スタミナに不安なし。ここは絶好の舞台設定と言っていいでしょう。

②番カッサイは昨年の4着馬。確かに少し長いかなという気がしなくもありませんが、昨年はややチグハグな競馬。今年は主戦の永森騎手が騎乗しますし、当レースを過去10年で5勝マークの雑賀正光厩舎。勝ち方を知る強みは見逃せません。

③番スタートレイルも、この距離なら十分にチャンスがあるはず。祖母ファビラスラフインは、秋華賞を勝ち、3歳牝馬ながらジャパンCハナ2着。そしてその母メルカルは、芝4000mの仏GIの勝ち馬ですから、ゴリゴリのスタミナ血統と言えます。

赤岡騎手から乗り替わりの3頭(ティアプリバティ・チャオ・イッツガナハプン)は直前の手替わりで買い辛いところですし、ワイルドコットンも三村騎手が騎乗停止で乗り替わり。長丁場は騎手との相性が重要になってきますからね。

馬券は⑧-①②③へ馬連3点。ワイドもオッズがつくところは買いたいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017