【東京2歳優駿牝馬2017予想】絶好枠あたった②番サラヒメを狙います

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

いよいよ、今年最後の競馬です。各競馬場で重賞レースが組まれていますし、盛り上がること間違いなしですね。

  • 大井競馬場・・・東京2歳優駿牝馬
  • 笠松競馬場・・・東海ゴールドC
  • 水沢競馬場・・・桐花賞
  • 園田競馬場・・・園田ジュニアカップ(記事はコチラ
  • 高知競馬場・・・高知県知事賞(記事はコチラ

豪華ですねぇ・・・。これを全部ブログでUPするとなるとかなり大変ですが、大晦日ですからね。頑張ってみます(笑)。

まずは大井競馬からですが、昨日は私用で競馬がまったく見られず、先ほど「東京シンデレラマイル」の映像を見たのですが、距離がどうかと思えたニシノラピートが圧勝とは恐れ入りました。鞍上の的場文騎手も、冬場で体が動いていないかなと思えたのですが、失礼な話でしたね。お恥ずかしい。

ラストよく伸びたパーティードレスが2着、3着のグラスサファイヤもかなり重たい馬場の中、小柄な体で頑張りましたね。

印は◎プリンセスバリュー→○パーティードレス→▲グラスサファイヤでしたが、馬券はプリンセス・パーティーの単勝と2頭から流す形と書きましたので、惜しいようで何も当たっていないというパターンでした。

馬場傾向は前有利。今日はしっかりと決めたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京2歳優駿牝馬2017予想

◎②番サラヒメ
○③番ストロングハート
▲⑤番ゴールドパテック
△⑫番エターナルモール
△⑦番シングンレガシイ

本命は②番サラヒメ

今回が移籍緒戦になりますが、11月末まで使っていた馬ですから特に問題はないでしょう。園田プリンセスカップ快勝後の2戦が3、6着と案外でしたが、何度も何度も輸送をして使っていたわけですから体調面の難しさもあったのでしょう。

今回はじっくりと仕上げられましたし、持ち前の先行力を生かすには絶好の舞台設定と枠順。

冬場のダートは大型馬というのが常識ですから、420キロ台で大丈夫?と思われるかもしれませんが、これは父フリオーソの影響。ブライアンズタイム系は小柄な方がパンチ力を秘めています(個人的感触)。

相手は阿部龍騎手へ戻る③番ストロングハート、そしてローレル賞勝ち馬⑤番ゴールドパテック。ここも内枠勢を重視したいと思います。馬券は②番の複勝。あとは印へ馬連・ワイドで流します。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする