【笠松競馬】「ライデンリーダー記念」よりも「十六銀行たまるンバ杯」を狙います

続いて笠松競馬。

こちらのメインは2歳重賞のライデンリーダー記念ですが、今ひとつソソる馬がいませんでした。

ですので他にいるかなーと見ていると・・・いました。最終10R「十六銀行たまるンバ杯」に。

手元にある新聞では、大井からの転入となる②番タイセイバロンにズラリと◎◎◎◎が並んでいます。

大井では結果が出ませんでしたが、中央在籍時には未勝利3着の実績。おそらくコレが買われての本命なんでしょうが、この3着は勝ち馬から1秒以上離されてのものですし、ダートでは新馬戦で1度走って12着。適性にも疑問が残ります。人気なら蹴っ飛ばす手でしょう。

ここは馬主名を見ると「なるほど・・・」と思わす馬ばかり。ローテもヘッタクレもない、ただ使えるだけ使える馬がズラリと揃いました。この顔ぶれなら②番が圧勝しても・・・と弱気にもなってしまいますが、まともな馬を選べば大丈夫ということでもあります。

しっかりとしたローテで使われている馬は、⑧番ナンバーナイン、③番ユリカゴ、⑤番マイネルアウトラン。この3頭でしょう。

馬券は③⑤⑧の馬連3頭BOXで決まりです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク