【名古屋競馬】ダ1400m攻略のカギは「枠と時計と脚質」

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

有馬記念の枠順が決まりました。

公開抽選の現場に行ったことはありませんが、画面越しでも各陣営の緊張感が伝わってきますから、観ているだけでもドキドキしますよね。さぁ、いよいよです。

その前に資金稼ぎを・・・。

浦和競馬は、twitter&LINEで予想をUPしようかなと思っていますので、ブログ記事は名古屋競馬から。

名古屋競馬に精通しているわけではありませんが、1日の大半が行われる「ダ1400m」戦。今回はそのダ1400mの攻略のポイントをいくつか挙げていこうかと思います。これで的中率UPは間違いなし?です。

まず枠ですが、基本的には真ん中~外枠が有利。

内枠の逃げ~先行馬は距離ロスなく運べて有利とも取れますが、外枠に速い馬が入ってしまうとスタート後のホームストレッチで窮屈になることが多く、さらに内は砂が深いぶん、テンから出して行かないといけないという面もあります。逃げイチで内枠に入れば買いで問題ありませんが、そうでない限りは評価を下げるべきでしょう。

次に時計。

当然、相手関係にもよりますが、近走「30~31秒台での連対、もしくは入線実績」が第一条件ですね。

1-2-2-1-3着・・・のように近走着順が良くても、時計が32秒台とかなら疑ってかかりましょう。

最後に脚質。

これは1番目の枠に関連しますが、地方競馬はどこでも大抵「先行有利」。

名古屋と比べると馬場が軽い笠松(時計で言えば1秒ほど、笠松の方が速い)なら、差し~追い込み馬の台頭もありますが、名古屋はとにかく前が止まりません。逃げ~先行勢重視のスタイルでOKです。

以上の点を踏まえて、2Rのダ1400m戦を攻略していきたいと思います。

成績が目立つのは、①番ケンブリッジリニア。名門・角田厩舎ですし、前走6着は久々が堪えたと見れば度外視も可能。しかし、持ち時計はそれほど優秀ではありません(1年前の29秒7は無視)。これは疑っていいパターン。

②番エアブライスは近況が良く、2走前は30秒4で2着と好走。先行馬ではありませんが、自力で押し上げるタイプですから、脚質は不利とはなりません。有力。

⑥番トスカニーニは、園田C2で入着の実績。2走前は勝ち馬に釣り上げられた面もありますが、30秒8で4着と好走。この相手ならもうひと押しが期待できそうです。

⑦番ウォーターワンダーは外枠が当たりましたし、時計面も不足なし。問題は久々がどうかという点で、こちらはパドック気配と馬体重に注意ですね。

③④⑤番は時計不足。⑧番3走前は2着と好走していますが、時計は33秒9。足りません。

若干無理やり消した感も無きにしも非ずですが、買えるのは①②⑥⑦の4頭。

①番は枠と時計、⑦番は久々ということもあり、安心して買えるのは②番エアブライスと⑥番トスカニーニということですね。

馬連・ワイド②-⑥、3連複②⑥流しが結論です。

6時起きですから寝ます。。。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク