【名古屋グランプリ2017】カツゲキキトキトから馬連2点でイケます

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

意外と仕事の方が落ち着いたものですから、名古屋グランプリの予想でもUPしようかなと。

仕事の合間にチラチラと名古屋競馬の馬場傾向をチェックしていましたが、良馬場で少し時計の掛かる馬場といった印象。脚質別では、とにかく逃げ~先行馬しか来れないといった感じですね。

その点を踏まえて・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名古屋グランプリ予想

◎⑤番カツゲキキトキト
○③番クリノスターオー
▲②番トップディーヴォ

本命は⑤番カツゲキキトキト。現在1.9倍で1番人気。地元・・・というよりも地方の雄と言ってもいいほどのレベルまで達してきましたね。

白山大賞典でインカンテーションの2着と好走し、地元に戻って貫録の2連勝。ムードも最高潮と言ってもいいでしょう。2400m以上では【2.1.1.0】と大崩れなし。オールブラッシュが前走で控える競馬OKを示したと見れば、難なくハナを切れる公算も高く、今日の馬場傾向も加味すれば、不動の軸としていいでしょう。グレード制覇は目前です。

カツゲキがマイペースから押し切ると見れば、相手も先行する組。②③⑪の3頭が該当馬ですが、⑪番オールブラッシュはこの距離に不安。川崎記念は相手が楽でしたし、馬場もこの馬向きでした。鞍上のルメール騎手も秋は精彩を欠く内容続き。信頼度は低いと見ます。

③番クリノスターオーの前走浦和記念は、痛恨のスタート後手。元々、ゲートに課題があるタイプでもありませんから、一過性のものと捉えていいでしょう。すんなり出れば粘り込めます。

②番トップディーヴォは、みやこS除外後の一戦となりますが、すぐに乗り込みを再開できたように影響は皆無。追ってしぶといタイプだけに、この距離もプラスに働くはずです。

①番メイショウスミトモは、チャンピオンズC直後でお釣りが残っているかどうか。脚質的にも3着まで・・・という印象があり、⑨番タガノディグオはこの距離は合いません。⑧番ドラゴンエアルもマーキュリーC5着が精一杯で、この相手ではいかにも力不足です。

馬券は⑤-②③の馬連2点。枠連の方がつく可能性もありますから、慎重に選択しましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする