【川崎競馬】今日も浦和勢に注目。狙いは7R、8R、10R

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨夜の全日本2歳優駿は、スタート後にもらった!と思ったんですが・・・。あれだけフラフラしながらも楽勝なんですから、ルヴァンスレーヴの強さは本物ですね。来年が非常に楽しみになりました。

そして相変わらず目につくのが、浦和、船橋、大井勢の活躍。1度も馬券内に来たことがなかったダイワリアクションでさえ、3着に来ちゃうんですから、川崎の層の薄さはエグイですね。

もちろん、今日も浦和、船橋、大井勢に注目でしょう。

まずは7R。

スタートが決まればの条件付きですが、川崎900mはとにかく内枠が有利。ここは2走前の再現がありそうな①番ジェームスに期待ですが、⑤番ヴァイスザクラウンも3走前だけ走れば十分通用の計算。⑩番パイは4走前にこの条件を走って57秒2。さすがに時計不足でしょう。

馬券は①⑤番の2頭軸3連複で流す感じですね。

8Rは、⑭番アズマタイムズに期待。川崎で3勝マーク、すでに現級を勝っている実績上位馬でもあります。欲を言えばもう少し内が欲しかったところですが、そこは鞍上に期待するしかありません。久々を3度使って体調面も確実に上向いています。相手本線は⑬番カランツフレイバー。

10Rはダート2100m。距離適性が鍵になりそうですが、大半が初距離。血統面からのアプローチも有効打になりそうで、狙いは⑪番ロキ。JRA在籍時は芝2000mで2、3着の実績。転入後3戦で一応のダート適性も示しました。鞍上に森騎手を配してここは前進が見込めそう。

相手は⑨番サトノフレイム、⑦番グラスヴェール、③番エスシーカレント、⑫番シャイニングアトム、⑬番アイアムヒラケゴマ、⑭番ドリームミリオンの6頭。断然人気が予想される⑩番コスモスですが、反動が出てもおかしくない2戦目。気性的に2100mが合わない可能性もあります。

締めの12Rも浦和勢から⑫番シャムネコ・・・と言いたいところですが、1500mの大外枠は逃げ馬にとっては試練。ましてやここはハヤブサザムライ、パイロサンデーと速い馬もいます。展開利があるとは思えません。

差し馬にも出番のある流れとみて、⑪番アイランドノアに期待。

見逃し厳禁、不定期配信。直前好気配馬を受け取るには、こちらをクリック→友だち追加。LINEは常に1:1モードに設定してありますので、気が向いた時、暇な時にでもコメントを頂けると嬉しいです!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
スポンサーリンク
スポンサーリンク