【船橋競馬】クイーン賞2017予想とその他買いたいウマ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今日は船橋競馬場で行われる、交流重賞「クイーン賞」の予想を中心に、その他狙えそうな馬をピックアップしていきたいと思います。

火曜日の船橋を見ていると、砂を入れ替えたせいか逃げ~先行有利の馬場傾向

クイーン賞も頭数が9頭と落ち着いた上に、どうしても逃げたいのは大外⑨番オヤジノハナミチぐらい。②番プリンシアコメータにとっては非常に楽な競馬になるなぁというのが、率直な感想ですね。少なくとも連を外すことはないでしょう。

ではクイーン賞の予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーン賞2017予想

◎⑤番アンジュデジール

本命はアンジュデジール。復帰後の前2走は3→5着と一応の格好はつけていますが、やはり大井の重い馬場は合わない印象。加えて戦績を見ても右回りよりも左回り向き。3走前の川崎・スパーキングレディーカップでは、ララベルを1馬身半突き放す快勝でした。

1800mも3回目で慣れが見込めますし、船橋コースもむしろフィーリングが合う印象。プリンシアコメータはJBCレディスクラシック2着とはいえ、中央では1600万も勝てていませんし、④番アンデスクイーン、⑧番タガノヴェローナも1000万勝ちがあるだけ。実績はこの馬がダントツです。迷わず、単!

○②番プリンシアコメータ

対抗がプリンシアコメータ。前走は直線寄られる不利もありましたが、仮にスムーズに運べていたとしても着順は変わらなかったような気がします。先述しましたが、中央では1600万も勝てていないわけですから、力差と言えば力差かなと。

それでもここはメンバーが手薄ですし、前有利の馬場傾向もこの馬向き。この枠なら逃げてもいいですし、外のオヤジノハナミチが強引に行ったとしても2番手はキープできます。どう乗っても2着は取れます。

▲③番タイムビヨンド

単穴がタイムビヨンド。昨年は3着と奮闘しましたが、流れもハマったことも確か。今年は展開利が見込めそうもない顔ぶれですが、斤量は昨年より軽くなって51キロ。これで相殺可能と見ます。

北海道へ戻っての緒戦となった前走もしっかり3着とまとめましたし、ひと叩きされての上積みも十分。青写真通りの遠征。

馬券は⑤番の単勝。そして3連複②⑤の2頭軸で相手③⑦⑧へ3点。

その他買いたいウマ

3R ④番カズノムーン

ここは⑨番ピュアアモーレ、⑩番リマインドミー、⑥番ダンガンウーマンと逃げ馬複数。ペースが吊り上るとみて、差し脚安定のこの馬を狙います。この枠なら内でジッと脚を溜められるはずで、上手く捌けるようなら。

10R ⑩番コウソクライン

除外明けで太め残りだった前走が0秒5差6着。しっかりと次に繋がる競馬ができました。地元に戻って鞍上も強化なら、変わり身を見込んでいいはず。

12R ④番マサニオニカゲ

⑨⑩番2頭は色々とアテにならないタイプ。③番サトノメダリスト、⑬番ウォースピリッツのどちらかを負かせば馬券内に入れるとみて、マサニオニカゲに期待。ここは先行馬が揃い、案外厳しいペース。この馬向きの展開となりそうです。

見逃し厳禁、不定期配信。直前好気配馬を受け取るには、こちらをクリック→友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする