【船橋競馬】クイーン賞2017予想とその他買いたいウマ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今日は船橋競馬場で行われる、交流重賞「クイーン賞」の予想を中心に、その他狙えそうな馬をピックアップしていきたいと思います。

火曜日の船橋を見ていると、砂を入れ替えたせいか逃げ~先行有利の馬場傾向

クイーン賞も頭数が9頭と落ち着いた上に、どうしても逃げたいのは大外⑨番オヤジノハナミチぐらい。②番プリンシアコメータにとっては非常に楽な競馬になるなぁというのが、率直な感想ですね。少なくとも連を外すことはないでしょう。

ではクイーン賞の予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーン賞2017予想

◎⑤番アンジュデジール

本命はアンジュデジール。復帰後の前2走は3→5着と一応の格好はつけていますが、やはり大井の重い馬場は合わない印象。加えて戦績を見ても右回りよりも左回り向き。3走前の川崎・スパーキングレディーカップでは、ララベルを1馬身半突き放す快勝でした。

1800mも3回目で慣れが見込めますし、船橋コースもむしろフィーリングが合う印象。プリンシアコメータはJBCレディスクラシック2着とはいえ、中央では1600万も勝てていませんし、④番アンデスクイーン、⑧番タガノヴェローナも1000万勝ちがあるだけ。実績はこの馬がダントツです。迷わず、単!

○②番プリンシアコメータ

対抗がプリンシアコメータ。前走は直線寄られる不利もありましたが、仮にスムーズに運べていたとしても着順は変わらなかったような気がします。先述しましたが、中央では1600万も勝てていないわけですから、力差と言えば力差かなと。

それでもここはメンバーが手薄ですし、前有利の馬場傾向もこの馬向き。この枠なら逃げてもいいですし、外のオヤジノハナミチが強引に行ったとしても2番手はキープできます。どう乗っても2着は取れます。

▲③番タイムビヨンド

単穴がタイムビヨンド。昨年は3着と奮闘しましたが、流れもハマったことも確か。今年は展開利が見込めそうもない顔ぶれですが、斤量は昨年より軽くなって51キロ。これで相殺可能と見ます。

北海道へ戻っての緒戦となった前走もしっかり3着とまとめましたし、ひと叩きされての上積みも十分。青写真通りの遠征。

馬券は⑤番の単勝。そして3連複②⑤の2頭軸で相手③⑦⑧へ3点。

その他買いたいウマ

3R ④番カズノムーン

ここは⑨番ピュアアモーレ、⑩番リマインドミー、⑥番ダンガンウーマンと逃げ馬複数。ペースが吊り上るとみて、差し脚安定のこの馬を狙います。この枠なら内でジッと脚を溜められるはずで、上手く捌けるようなら。

10R ⑩番コウソクライン

除外明けで太め残りだった前走が0秒5差6着。しっかりと次に繋がる競馬ができました。地元に戻って鞍上も強化なら、変わり身を見込んでいいはず。

12R ④番マサニオニカゲ

⑨⑩番2頭は色々とアテにならないタイプ。③番サトノメダリスト、⑬番ウォースピリッツのどちらかを負かせば馬券内に入れるとみて、マサニオニカゲに期待。ここは先行馬が揃い、案外厳しいペース。この馬向きの展開となりそうです。

見逃し厳禁、不定期配信。直前好気配馬を受け取るには、こちらをクリック→友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017