【阪神競馬】チャレンジカップ予想とその他買いたいウマ

続いて阪神競馬へ。

こちらのメインは、第68回「チャレンジカップ」。昨年までは阪神外1800mで行われていましたが、今年から内2000mへ。そしてハンデ戦から別定戦へと様変わりしています。

施行時期は変わりませんからまったくとまでは言えませんが、過去の傾向がアテにならない一戦。単純にこの舞台に合う馬を探すのが得策でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャレンジカップ2017予想

◎⑤番モンドインテロ
○③番サトノクロニクル
▲⑧番デニムアンドルビー

本命は⑤番モンドインテロ。2000m【0.0.0.3】ですが、今回と同じ舞台の大阪杯が0秒9差。ここはそれだけ走れば何とかなる顔ぶれとも言えます。

ズブさが目立つタイプですが、なぜか広いコースよりも小回りコースの方が良さが出る馬。3勝と手の合うルメール騎手騎乗も何よりの好材料でしょう。

よく見てみれば、上位3頭はすべて「カタカナ」騎手ですね。

阪神競馬(土)買いたいウマ

1R ⑬番クリノルーベンス

一戦ごとに着順を落としてはいますが、芝ではいかにも決め手不足といったレース振り。母系はバリバリのダート血統ですし、この馬も適性はダートにありそうです。砂を被らない外枠も好材料で変わり身十分。

9R ④番リュクスポケット

ディープ産駒オブセッション、ダノンフォーチュンの2頭が人気ですが、ともに新馬勝ち上がり直後。前者に至っては初めての輸送競馬にもなりますから、過信は禁物でしょう。

さらに2頭とも末脚を生かしたいタイプ。牽制し合う展開も考えられるだけに、狙いは前で運ぶ組。そこで白羽の矢を立てたのがこの馬。萩S3着だけ走れば楽に通用です。④-⑤⑥の2点。

10R ⑤番プレスティージオ

阪神ダ1400mでは現級勝ちを含め、3戦3勝。前走の敗因が今ひとつ掴めませんが、元々がムラ駆け。1000万、1600万快勝はともに前走10、14着からの一変でしたから、特に気にする必要はないでしょう。ベスト舞台がガラリです。

12R ⑫番メイショウタラチネ

以前はハナ切ってこその馬でしたが、3走前に出遅れたことで新たな一面を引き出すことに成功。前走も6着とはいえ、しぶとく伸びていましたし、悲観する内容ではありませんでした。

ここはカフジオリオン、ハーツジュニアにブリンカー着用のアディラートと、かなり前が速くなりそうな顔ぶれ。逃げ一手の頃ならノータイムで消しでしたが、差す形を覚えた今ならむしろ重い印を打たざるを得ません。

先週は失敗に終わった直前好気配馬ですが、今日は中京11Rに気になる馬がいますので、気配をチェックしてからLINE配信いたします。

登録がまだという方は、こちらをクリック→友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
早起きは三文の得!
  午前中に諭吉の神が40人降臨した8日中京
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中京1R 4位⇒1位⇒7位
中京2R 3位⇒11位⇒12位
中京3R 2位⇒12位⇒6位
中京4R 2位⇒3位⇒1位 3連単的中10,810円
中京5R 5位⇒3位⇒5位 3連単的中172,260
中京6R 4位⇒5位⇒2位 3連単的中203,240
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


指数推奨が上位6頭。そのままBOX購入すると
的中額:477,310円
馬券代:72,000円
収支:405,310円
7万投資で40万プラスの回収率662%

今シーズン9月から見ても
今年1月から見ても各会場午前中はかなりプラス収支多数。
1~6レースのココの指数・・・実は無料で公開されてるんです。
メール会員になるだけでこの指数は毎週無料で見れるのでガチでおすすめなんです。
もちろん重賞も1鞍当日見れますので朝日杯FSは当日北条のブログを見てみてください。
来週も僕はプラス40万狙ってみます。
※今回6レースで+40万の週出来過ぎではありますが、
普通に+7万とか+10万の午前中は多々あります。
レース選定は指数上位馬にオッズ高い馬が2頭きたら20万馬券の確率高いです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 1000人に1人の客 より:

    プレスティージオ!
    差し返しやばかったです(笑)
    一気に浮きました!
    ありがとうございます!

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      おめでとうございます!

      四角では絶望的な手応えの違いでしたが、驚異の粘りでしたね。