【中山競馬】ステイヤーズS2017予想と買いたいウマ

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

今週は大井の勝島王冠から、名古屋・園田と何をやってもまったく当たらず、気がつけば12月になっていました。ビビった。

さて、12月と言えばボーナス。不況が続く競馬業界ですが、弊社は非常に心温まる社風が持ち味ということで、今年も雀の涙程度のボーナスを頂くことができました。あとはテメェで増やせということですね。絶妙なアメとムチってやつです。

では増やしましょう。冬場の中山開催は個人的に大好きな舞台。

まずはステイヤーズSの予想、そして買いたいウマをズラズラと挙げていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ステイヤーズS2017予想

◎⑨番アルバート

本命はアルバートですが、もう特に説明は要りませんよね。秋の2戦はいずれも距離不足と敗因明らか。それでも前走のアルゼンチン共和国杯では最後に「らしさ」も見せてくれましたし、体調は確実に上向いています。

母父ダンスインザダークが良く出ているせいか、とにかく無尽蔵のスタミナ。重賞3勝すべての手綱を執るムーア騎手が騎乗ともう負ける要素が見つかりません。まったく走れなかったとしても2着は確保でしょう。

対抗と単穴もほぼ人気通りですから、気になる方はコチラをクリックして下さいね→

そしてアルバートとのワイド、もしくは3連系2軸で狙いたいのが、⑩番カムフィー

前4走はすべて2桁着順ですが、長丁場では外せないのがダンスインザダークの血脈。昨年は8着と奮いませんでしたが、一昨年はアルバートの2着と好走した舞台。アルバート、フェイムゲームを除けば「そう大したことない」顔ぶれ。ガラリ一変があっても不思議ではありません。

父ダンスの⑩番カムフィーと、母父ダンスの①番デルマサリーチャン、⑨番アルバートの計算式馬券もネタとして押さえておきます。

中山競馬(土)買いたいウマ

1R ◎⑩番ラプターゲイル

朝一スタートダッシュを決めるのはこの馬。ラスト少し甘くなった前走は中1週のローテに加えて、距離も若干長かった印象を受けました。スピードで押せるこの舞台は大歓迎。スマートファルコン産駒なら冬場の中山ダートもピッタリです。

5R ②番ミフトゥーロ

終い13秒台を切ることができず、稽古の動きはひと言平凡。ですが、ここは他もそんな顔ぶれ。しっかりと調整され、態勢は整いました。キンシャサノキセキ産駒なら、この舞台も合うイメージ。

7R ⑫番タマモコーラス

前走9着は相手が強かったこともありますが、通過順「6→9→13」が示す通り、スムーズに運べなかったことも敗因のひとつ。ここは平場で相手関係もグンと緩和。中山ダ1200mの12番枠なら流れに乗り損ねることはありません。母父ブライアンズタイムも援護射撃。穴に⑬番プリティマックス、⑮番トゥルームーン。

今日も直前好気配馬はLINE配信いたします。

登録がまだという方は、こちらをクリック→友だち追加

続いて阪神の予想へ(記事はコチラ)。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017