【大井競馬】メルセデス・ベンツ盃は②番アクティフでカタイんです

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のジャパンカップは、極悪馬場だった天皇賞・秋を走らなかった2頭で決着。キタサンブラックは落鉄があったとはいえ、平均ペースで運べたことを思うと、もっと伸びてもよかったはず。やはり消耗度が大きかったということでしょうか。

◎に期待したソウルスターリングは7着。スタート直後から終始行きたがる素振りを見せていましたし、復帰後の3戦を見る限り、どうも空回りしている印象。馬体重こそ変わりませんが、体もずっと細く見せますし、一旦お休みさせるべきかなぁという気がしました。

日曜日は買いたいウマが2着2回だけでしたし、LINE配信したヨクエロマンボも終始追い通しと絶望しかないレース振り。いいところがなく、申し訳ありませんでした。また次です。

週の初めは大井競馬からスタートです。

めっきり気温も下がり、ダートはパワー優先の馬場。前開催では馬体重の重い馬の好走が目立ちましたし、今開催もこの傾向は変わらないのではと見ています。あくまでも目安程度ですが、多少は気にかけてくださいね。

では11月27日の大井競馬の買いたいウマを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

11月27日(月)大井競馬の買いたいウマ

2R ⑭番キョウエイレガート

何でもアリの顔ぶれ。前走4着とはいえ、確かな末脚で成長を感じさせたこの馬にも十分チャンスがありそう。内1600mでも小柄なぶん、揉まれない外枠も有利に働くはず。相手①③⑨⑩。

8R ⑩番フェイム

牧場の坂路でしっかりと仕上げてくるミッドウェイ外厩馬。デビュー2連勝の好素材、一気に逃げて圧倒でしょう。相手②⑤⑥⑬⑮。

9R ②番シャドウボーダー

転入緒戦を大楽勝。機動力が生かせるこの舞台はベストですし、キャリア5戦とまだまだ上が見込める器。ここも大丈夫でしょう。相手①④⑥⑧⑭。

11R ②番アクティフ

大井の1000mはトップスピードに乗った時点でコーナーへ差し掛かるため、圧倒的に内枠が有利。外へ振られる外枠勢は軽視したい舞台設定となっています。復帰後3戦とも終いが甘いですが、軽快な先行力は健在。距離短縮+内枠の今回は大きく変わってきてもいいはず。相手①④⑤⑥。

12R ⑩番エスプリブラウン

前走は外枠とはいえ、揉まれる競馬で戦意喪失。外をすんなりと運べそうな今回は、2走前の再現に期待していいでしょう。相手③⑥⑨⑪⑬。

本日は好気配馬を察知できれば、LINE配信いたします。
登録がまだという方は、こちらをクリック→友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする