【ジャパンカップ2017予想】東京・京都の買いたいウマ

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

土曜日のLINE配信は、東京8Rの④番シンゼンドリームでした。

フォギーナイトがモタついていたので、単まであるかと思いましたが、さすがに力差を感じる内容でしたね。まぁ、複勝200円の2着なら及第点でしょう。

ちなみにLINE配信はこんな感じです↓

事前に本命馬として挙げても良かったのですが、今回は体が絞れてくるかどうかがポイントと思っていましたので、パドックを見るまで待つ形を取りました。結果、マイナス4キロといい体で出てきてくれましたので、自信を持ってLINE配信することができました。

明日もこの手の馬がいますから、楽しみにしていてくださいね。

登録がまだという方は、こちらをクリック→友だち追加

では明日のジャパンカップ、そして東京・京都競馬でその他に買いたいウマを挙げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャパンカップ2017予想

◎⑧番ソウルスターリング

本命はソウルスターリング。前走の天皇賞では内を通ったキタサンブラック、サトノクラウンに対して、こちらは外々を回るロス。馬場にノメってもいましたし、消化不良の一戦ながらも6着まで追い上げてきました。

天皇賞18着のサトノアラジンが続くマイルCSでも12着と惨敗しただけに、極悪馬場を走っての消耗度が気になるところですが、稽古の動きは実に軽快。これでダメなら精神的な問題でしょう。

オークスを史上2番目の好タイムで快勝。東京芝2400mはベストの可能性がありますし、斤量53キロも大きな魅力。M・デムーロ→C・デムーロ騎手への手替わりはこの秋3度目(エリザベス、マイルCS)ですが、2度あることは・・・ではなく、3度目の正直に期待します。

○②番レイデオロ

対抗も藤沢勢からレイデオロ。神戸新聞杯からと異例のステップで(10年のダービー馬エイシンフラッシュも同じ)臨むわけですが、天皇賞組にはないフレッシュが何よりの強みでしょう。

スローを動いて抜け出したダービーを見てもかなりのレース巧者。揉まれるリスクもある内枠ですが、自在に立ち回れるこの馬にとっては逆に好都合のような気もします。

▲④番キタサンブラック

もう説明は必要ないでしょう。先週はGI乗り替わりもあった武豊騎手ですが、絶妙の仕掛けでゴール前キッチリ捉えた京都2歳Sを見れば、もう問題はありません。昨年ほど楽な競馬はできそうにありませんが、崩れる心配もないでしょう。

馬券は単複。あとは馬連・ワイドで②④の2頭へ流す形でいいのかなと思います。

11月26日(日)東京競馬で買いたいウマ

1R ⑪番セイウンアカマイ

初めての競馬が走りづらい道悪。粘って3着なら悪くなく、良馬場の今回は押し切れる。

3R ⑧番シャドウアイランド

ハーツクライ産駒らしく、芝の中距離で良さが出そうな印象。1800→2000mは大歓迎でしょう。無双状態のムーア騎手騎乗の⑥番が強敵ですが、向こうは休み明け。単の可能性も十分です。

8R ⑥番レプランシュ

きさらぎ賞2着(1着サトノダイヤモンド)は遠い昔の話だが、それでも1000万ならまだまだ能力上位の評価。体が460キロ台まで戻っていれば信頼度UP。お

11月26日(日)京都競馬で買いたいウマ

9R ③番スカーレットカラー

前走は久々+重賞挑戦。外目を回って0秒4差5着なら悪くなく、自己条件に戻っての地元競馬なら前進が見込めるはず。

10R ①番ラプソディーア

昇級後の前2走も連続4着と好走。ここはティーエスネオとの逃げ争いですが、枠順・斤量差を思えばハナはこちらかなという気もします。仮にハナを叩かれたとしても2番手すんなりなら大丈夫ですが。

モズ、ロワ、クライムなど敵は強いですが、大半が差し馬。後ろが牽制し合う展開なら、この馬の粘り込みに期待が持てます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. てつみち より:

    日本の馬場に対応出来そうなら
    3番ギニョールが怪しい気がしてます
    ソウルスターリングスが走るならば、同じ母父で、父系も半分似ていてDanzigを持っているんで
    外国馬なら、これが来そうな気がしてます

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      コメントありがとうございます。

      返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

      やはり外国馬は参加するだけのレースになってしまったなという気がしますね。ソウルスターリングもやや底割れしてきた印象を受けました。今年のジャパンカップは読み切れませんでした。

      血統がお詳しいようですね。これからもよければコメント頂ければ嬉しいです。
      有馬記念まで頑張って行きましょう!