【東海菊花賞2017】予想と傾向&大井のおススメ馬

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のマイルグランプリは、▲→◎→○での決着。何だか久しぶりに、ズバッ!と決まった感じがします。毎回こんな風に決まれば言うことなしなんですけど。

さて今日は名古屋競馬場で「東海菊花賞」が行われます。

昨年の勝ち馬カツゲキキトキトが今年も参戦。前走は、かきつばた記念馬トウケイタイガーを差し切っての勝利と勢い十分。連覇に向けて視界良好といったところでしょう。

これに東海3冠馬ドリームズラインに、南関東からはオウマタイム。そして園田からエーシンクリアー、キングルアウ。なかなか面白そうな顔ぶれになったなぁという印象ですね。

ちなみに、南関東・近畿・北陸~交流となった2010年以降の所属別の成績を見てみると

  • 勝ち馬7頭はすべて東海地区馬(名古屋5勝・笠松2勝)
  • 園田所属馬は【0-0-1-1-3】。3着1回が最高着順で連対なし。
  • 南関東所属馬は【0-0-0-1-4】。馬券に絡んだことなし。

1着候補は地元所属馬。そして、他地区馬はあまり信用してはいけませんよと教えてくれていますね。

今年も②番カツゲキキトキトの連覇濃厚と見ていいでしょう。前走の1400mより明らかに今回の1900mの方が合いますしね。無理に逆らう必要はありません。問題は相手をどうするか。

⑦番エーシンクリアーは、名古屋【0-1-1-3】。経験こそ豊富ですが、勝ち星ゼロの現実があります。今回は9月以来の実戦で一息入っていますし、目標は来月の園田金盃。田中学騎手が乗らないということを考えても、ココは叩き台と割り切れる一戦です。

⑩番キングルアウは今勢いのある鞍上ですが、さすがに馬も含めて経験不足。勉強の一戦。⑫番オウマタイムの前走はマークが厳しかったとはいえ、2秒2差7着は負けすぎの感。そもそもこの距離は長い気がします。今年も園田・南関東勢は苦戦と見ました。

⑪番ドリームズラインも、古馬相手となった2走前4着がそのまま力量差。人気なら蹴飛ばしたいところです。

相手は⑧番コスモナーダム。昨年の2着馬で前走快勝と勢いも十分。コレが本線。そして①番ヴェリテ、最後に穴で稽古動いた⑤番オンワードハドソン

名古屋はとにかく絞らなければ利益が出ませんから、馬連②-①⑤⑧の3点でイキマス。

万が一、名古屋で負けたとしても大丈夫。大井競馬が残っています。そんな大井の買いたい馬がコチラ。

  • 5R ⑫番サクセスクイーン
  • 6R ⑪番フライトリーダー
  • 7R ③番タケノスイセイ
  • 11R ③番ヴェスヴィオ・⑤番ブラックレッグ

最後にいつものお願い。少しでも興味を持って頂けた方は友だち追加をお願いいたします。

では今日も1日、頑張りましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
スポンサーリンク
スポンサーリンク