【京都競馬・エリザベス女王杯2017】
 リピーター作戦。◎は連覇が見えたクイーンズリング

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

武蔵野S◎サンライズノヴァ、デイリー杯◎ヒシコスマーでは、競馬を観るのが辛くなってしまいますね・・・。東京2Rの◎コハクノユメは2着と頑張ってくれましたが、主力の馬券は単勝。

東京7Rの◎ショワドゥロワは、18頭立て14番人気で6着。着順だけ見れば健闘とも取れますが、出遅れ・直線壁→外へ持ち出しての上がり最速マークですから、もう少し流れに沿った競馬が出来ていれば・・・との念が消えません。

すでに意気消沈ですが、何とか今日こそは!の強い気持ちで頑張って行きます。

まずはエリザベス女王杯。

エリザベス女王杯と言えば、サンドピアリス(単勝43,060円)にタケノベルベット(単勝9,130円)。さらに「ベガはベガでも・・・」のホクトベガなど、とにかく「波乱」という印象が強いですが、古馬混合戦となり、距離も2200mと変更された1996年以降で見てみると、2桁人気馬で馬券に絡んだのは「前が見えなかった」09年の上位2頭と、昨年の2着馬シングウィズジョイだけ。

今年の顔ぶれを見ると、好カードは間違いなし。強い馬が強い競馬を・・・と思いますが、そんな時にこそ大波乱があるのも競馬ではよくあること。堅くは収まらないような気がします。

そしてこのレースの特徴として真っ先に挙げられるのが、「リピーターレース」ということ。これまでメジロドーベル・アドマイヤグルーヴ・スノーフェアリーの3頭が連覇を達成。そして連続連対馬が10頭いて、2年連続3着のアパパネまで含めると、リピーター馬は計11頭を数えます。

2200mという距離と牝馬の総決算的な意味合いを持つ一戦だけに、各陣営がこのレースを目標に仕上げてくること。そして何より「牝馬の力関係、勢力図が大きく変わらない」ということが起因ですが、今年も新興勢力の台頭はなありません。リピーターレースとなるような気がします。

本命は⑦番クイーンズリング

昨年のこのレースを勝ってからは、9、15、6着と精彩を欠いていましたが、前走の府中牝馬Sで0秒3差4着と好走。春の悪い流れを断ち切った一戦となりました。今度は本調子でしょう。

鞍上は昨年のM・デムーロ騎手から、弟のC・デムーロ騎手へと変わりますが、来日初日にスワンSを勝ち、先週のファンタジーSも制覇。さすがの手綱捌きを見せており、GIに必要不可欠な勢いも十分です。

対抗は⑯番ヴィブロス。まあ、ここは安全策ですね。そして3番手が昨年の3着馬⑩番ミッキークイーン。常に調整が難しいタイプですが、そんな状況下でも宝塚記念3着など、牡馬トップクラスとも互角に渡り合ってきました。牝馬同士ならでしょう。

穴っぽいところを押さえるなら、④番クロコスミア。京都外回りで穴をあけるのは、人気薄の逃げ~先行馬。そのタイプに合致するのがこの馬で、内目の枠も理想的。2200mは持たないだろうと思われるようなら・・・。押さえなければいけませんね。

そしてもう1頭が⑧番タッチングスピーチ。昨年は4番人気8着でしたが、一昨年が3着。精彩を欠く近況ですが、チャレンジC、金鯱賞とも着差は0秒4差だけ。まだ終わっていません。

馬券は⑦の単複。あとは3連複で、⑦-①④⑤⑧⑩⑯と手広く流す感じですね。

昨日はLINEアカウントを「1:1モード」へ切り替えましたが、予想がサッパリ。さすがに誰も送ってこないなと思っていましたが、叱咤のコメントを2件頂きました。本当に有り難いことです。。。

すぐに返信ができるかどうかはわかりませんが、今後も生の声を聞きたいという気持ちがありますので、アカウントはこのまま「1:1モード」にしておきます。何でもコメントを頂ければと思います。

少しでも興味を持って頂けた方は→友だち追加をお願いいたします。

今日こそはビシッと決めたいなぁ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク