【京都競馬・デイリー杯2歳S2017】
 予想・傾向・重要ポイント・福島競馬おススメ穴馬。

続きまして、京都競馬へと参りましょう。

メインは「デイリー杯2歳S」。

9頭立てと少し寂しい感もありますが、反面かなりのハイレベル。すでに重賞を勝っているフロンティアにとっても、油断できる相手関係ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デイリー杯2歳S予想

◎⑥番ヒシコスマー
○②番フロンティア
▲⑤番ケイアイノーテック
△④番メガリージョン
△③番ジャンダルム

本命は⑥番ヒシコスマー
前走はタイム差なしの辛勝にも映りますが、内を通った2着馬に対してこちらは終始外を追走とロスのある競馬。最後は接触の不利もありましたから、それを思うと着差以上の強さ。3着馬には4馬身差ですから、完勝と言っていいでしょう。

2歳新馬にとっては過酷な馬場状態も根性で克服。如何にも混戦向きのタイプと推測できます。

そしてデイリー杯2歳Sで押さえておくべきポイントが「ブラックタイド産駒」ということ。

11年1着テイエムイナズマ、13年1着タガノエスプレッソと過去5年で2頭の勝ち馬を輩出。6番人気、5番人気とともに人気がなかった点も、今回のヒシコスマーと非常によく似ています。

C・デムーロ→浜中騎手は正直格下げ感がありますが、こればかりは仕方ありません。祈るだけです。

阪神はその他に響く馬がいませんので、福島へ飛びます。

まずは福島1R。本命は①番キッチンウイッチ
前2走はすんなり好位へ収まったものの、追い出されてからがジリ。快速型が多いサウスヴィグラス産駒ながらも、適性はむしろもっと長い距離にありそうです。スタート次第でハナを切る競馬もありそうな、最内枠も好材料。

相手は印通りで良さそうですが、面白いところでは⑦番ネオブラスト。こちらはダートに移っての変わり身が期待できそうです。

福島2Rは③番イイデメモリーに期待。
前走は出足良く先行できたものの、最後は余力なく大惨敗。敗因は2走目の反動とも取れなくはないですが、それ以上に距離が合わなかった印象。1200~1400mは忙しく、脚を溜めることができないのでしょう。

その点から距離延長はもちろん大歓迎。3キロ減の50キロも、先行するこの馬にとっては絶大なる効果が見込めます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする