【ロジータ記念2017】ゴールドアリュールさえ押さえていれば大丈夫

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日UPした渾身の◎ミニョンヌが、2番人気1着と期待に応える走りを見せてくれました。相手に選んだ3頭が2、3着でしたので、予想としては完璧だったのですが、単勝380円、馬連300円、3連複750円。

よくよく考えてみると、まったく穴予想ではないですよね・・・。完璧に自分の立ち位置を見失っていました。

もちろん、当ブログに足を運んでくださる皆さんに、当たる予想をお届けするということも非常に大切なことですが、「競馬 穴予想」と検索して来られる方が多数いらっしゃるということを考えれば、これではいけません。

「おぉ!そんな見方もあるのか!」と思って頂くことが重要なわけです。

というわけで、ロジータ記念も魅力的な穴馬を探すべく、新聞に穴があくほど見まくりましたが、なかなか難しいですね。また堅い予想になる可能性が大です笑

まず、ポイントとなるのが距離2100m。出走14頭中10頭が初距離となり、経験があるステップオブダンス、アップトゥユー、シェアハッピー、ガロにしても、馬券内に入ったのはステップ1頭のみ。距離適性が明暗を分けることは間違いありません。

そして、今開催も変わらず先行有利の馬場傾向。前目で運べるor内枠馬が好走の条件。この2点だけでもかなり頭数を絞ることができそうです。

まず血統面からのアプローチ。先日のJBCレディスクラシック、そして昨日のローレル賞はともにゴールドアリュール産駒の勝利。南関で今、一番勢いに乗っている種牡馬ということに異論はないでしょう。

ここも①番ステップオブダンス、⑭番ローレライの2頭がスタンバイ。特に後者はロジータの血脈。血の後押しもありそうです。穴っぽいところでは、②番イクノチャン。こちらは母父がゴールドアリュール。勝負に無欲はありませんが、気楽に乗れることは確か。インで脚を溜める形なら、一発があるかもしれません。

その他では⑬番ヤマミダンスは、父がハーツクライ。血統的に2100mはドントコイ。⑥番ミスアンナは父がタイムパラドックスで、姉が昨年の勝ち馬ミスミランダー。⑧番シェアハッピーも父が青葉賞勝ちのハイアーゲームなら、本来マイナスはないでしょう。

逆に血統的にどうなの?というのが、⑤番アップトゥユー、⑪番スターインパルス、⑫番グラスサファイヤのサウスヴィグラス産駒。そして④番ギンチャンも、祖母がスプリンターのオギティファニーですから、距離が延びてプラスはないでしょう。この上記4頭は、印ほどの信頼感はありません。むしろ、切ってこそ。

というわけで結論は、短距離血統馬はすべて切るということに落ち着きました。

軸は①番ステップオブダンスでいいでしょう。ある程度の位置で競馬が出来るタイプですし、スタート後にコーナーへ差し掛かる舞台設定を最大限に生かせる最内枠。少なくとも3着は外さないと見ます。

馬券は①-②⑥⑧⑬⑭へ5点。オッズから、⑭以外はワイドを押さえてもいいかもしれません。

とにかく、今日もゴールドアリュールを押さえておけば大丈夫です。

最後にお願い。登録者数も日々増加しており、ありがたい限りです。少しでも興味持ったという方は→友だち追加をお願いいたします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク