【大井競馬】JBC3レースの予想

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

勝負レースと見ていた福島1R◎トーホウトリニティは、ギリギリ差されての4着。ダートで一変までは読み通りだったのですが、如何せんスタートの遅れが最後に堪えた感じで・・・。もう次は人気になっちゃいますから、ここで取りたかったのですが。3レースのトーホウは勝ちましたねってコメントが、さらに傷口をエグりました。

では、すでに1レースが発走している大井競馬の予想を。

「ダートのすべてが、ここにある」。カッコイイですね、JBC。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JBCクラシック(ダ2000m)

◎⑤番ミツバ
○①番アウォーディー
▲③番オールブラッシュ

本命は⑤番ミツバ
前走のシリウスSでは2番人気8着と期待を裏切る形となりましたが、元々アテにできない気性。3走前のブリリアントS1着が前走11着からの一変だったように、負けを引きずるタイプでもありません。度外視でOK。

対抗がアウォーディー。しっかりと立て直した今回は帝王賞とは違うはず。単穴がオールブラッシュ。川崎記念は相手・馬場ともに恵まれた勝利でしたが、ここも単騎濃厚。あとは鞍上の手腕に期待です。

JBCスプリント(ダ1200m)

◎⑧番スノードラゴン
○③番キタサンミカヅキ
▲⑩番コパノリッキー

本命は⑧番スノードラゴン
前走のスプリンターズSで0秒1差の4着。少しインで窮屈になった場面もありましたから、そこがスムーズなら3着まであった内容に映りました。9歳とはいえ、まだまだ衰えはありません。そして味方しそうなのが、馬場状態。今開催は真ん中~外が伸びる馬場ですし、1Rを見てもその傾向に変わりはなさそうです。ドンピシャで嵌まるはず。

対抗が充実キタサンミカヅキ。ブラックと同じで母父がサクラバクシンオー。キタサン軍団のひとつのパターンになりつつありますね(笑)。単穴がコパノリッキー。初めての1200ですが、むしろ今なら合う気がします。

JBCレディスクラシック(ダ1800m)

◎①番ワンミリオンス
○⑧番ララベル
▲⑦番アンジュデジール

本命は①番ワンミリオンス
前走は初めてのナイターに気負ったのか、出負け。1800~なら挽回可能ですが、1600mではさすがに流れを引き戻すことができませんでした。57キロも堪えた感じがしましたね。今回はしっかりと立て直して、距離+斤量とも条件好転。福永騎手とも【3.1.1.1】と手が合います。

対抗が大井のララベル。距離に関しては怪しいところですが、1800mまでなら何とかなるはず。単穴が充実の3歳アンジュデジール。大井2度目の上積みもあります。

⑤番ホワイトフーガの前走は、やっとこさの2着。叩いて変わってくるとは思いますが、以前ほどの凄みを感じない気もします。③⑭は力不足、⑬番キンショーユキヒメは、ダートが合うなぁと思わせて実はまったく合わないメイショウサムソン産駒。今回は無理でしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017