【中央競馬】トーホウに始まり、トーホウで終わる。その間にファンタジー。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今週は1週間が長いですね。今日が何曜日なのかわかっていません。金~日開催は、なかなかハードです。

そして今日は大井競馬場でJBC。クラシックは置いといて、スプリント・レディスクラシックは一波乱が期待できそうな顔ぶれ。こちらは後ほどアップしたいと思います。

まずは中央競馬。金曜日は福島・京都の2場開催ですが、狙い馬は福島の1Rにいます。

ここは出走13頭中7頭が「初ダート」という組み合わせですが、前走ダートで掲示板確保の⑤⑦⑧⑩⑬は、いずれも勝ち馬から1秒以上の差。着順が1桁で良く見えるというだけで、中身は今ひとつです。

ならば、狙いは初ダート組。その中から狙ってみたいのが、②番トーホウトリニティ

デビュー戦となった前走は528キロ。さすがに太すぎた気がしますが、レースに行けば案外スピードの乗りもよく、すんなりと好位が取れました。センスは間違いなくあります。

母トーホウレビンは未勝利を勝ち上がるまでに9戦を要しましたが、その9戦目が初ダート。接戦となることが多い小倉ダート1700mで、2着馬に8馬身もの大差をつける圧勝劇を演じました。

1998年のスパーキングレディーでJRA勢を一蹴したホクトロビン(船橋)を祖母に持つダート血統馬。実戦2度目、福島までの輸送で多少なりとも体が絞れるようならチャンス十分。朝一から万札乱舞があります。

馬券は②の単複。この顔ぶれでは怖くて無駄な馬券は買えません。

で、メインのファンタジーSは、⑬番ボウルズに◎。

折り合い面に難を抱える馬ですから、距離短縮がプラスになることは間違いありませんが、大外枠じゃなければなぁ・・・というのが本音。勝負レースとまではいかない感じで、観戦料を払って応援ですね。

そして本日2つ目の勝負レースが、京都12R

16頭立て、如何にも混戦といった感じですが、ここも狙いはトーホウ馬で③番トーホウシーマに◎。

2歳夏の時点で、栗東CW82.7-66.5-51.7-38.6-12.4と動いていた馬。新馬戦1番人気も頷けるところで、父がハーツクライ。いかにも芝で出世しそうな雰囲気がありましたが、レースでは意外なほど切れる脚が使えませんでした。

結局、最後まで芝に拘り続けましたが、勝ち星を挙げることが出来ず、名古屋へ移籍。しかしこれが転機となりました。

レベルはさておき、ダートで3戦3勝。いずれもワンサイド圧勝で、ダート適性を見出すことに成功したのです。出戻り緒戦となりますが、10月まで競馬を使っていた馬ですから、仕上がりは問題ないでしょう。

まだ人気にならない今回が狙い目。次では「一回、遅いんだよなぁ~」が口癖の後輩に怒られます(笑)。

馬券はこちらも単複ですが、連の相手は④アドマイヤムテキ1頭かなと思います。

最後に少し自慢とお願いです。

水・木と門別の狙い馬をLINE配信しましたが、結果はシェリーカスク(2番人気1着)、エナジーウェーブ(4番人気2着)とマズマズの成績を収めることができました。

お礼のコメントもいくつか頂き、ありがとうございました。登録者数も日々増加し、3桁突破も目前。少しでも興味持っちゃったぜと言う方は→友だち追加をお願いいたします。

では本日も頑張って儲けましょう!

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク