【園田競馬】今日は「C3」に的を絞ってひと儲け。押さえるべきポイントは2つ。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の盛岡・レディスヴィクトリーラウンド2戦は、ピント外れの予想でお恥ずかしい限り・・・。

前走の末脚に芝ならチャンスがあると見ていた◎レーヌドコロールですが、発馬後のモタつきと口向きの悪さを見せまくり、レースどころではありませんでしたね。正直、次もどうかなぁという感触ですが、見放したら来るのが競馬の常。引き続き、チェックはしましょう。

本日は門別競馬場で重賞・北海2歳優駿。こちらの予想を中心にとも思いましたが、特にハートをノックする馬が見当たりませんでしたので、前半の馬場状態を見てからtwitterで呟く程度にしたいと思います。

今日はナイターに備えて少しでも資金作りを・・・ということで、園田競馬の予想を行っていきたいと思います。

園田競馬は騎手も馬もレベルが高く、なかなか馬券も難しいですが、比較的当てやすいレースも存在します。それが朝に組まれる「C3」戦、一番下のクラスですね。

そのC3戦は今から説明する2つのポイントさえ押さえていれば、配当云々は別にして的中率はグッと上がるはずです。

まずは、「3連続着外で降級」のシステムが廃止されたとはいえ、やはりC2からの降級馬が強いということ。もう知られたこととは思いますが、この傾向は今も変わりません。前走成績がC2となっていれば、着順は関係なく狙っていくべし。さらに過去にC3快勝実績があるようなら、鬼に金棒と言っていいでしょう。

そしてもう一つが、鞍上。C3よりも下のクラスは存在しませんから、勝てる相手関係ならしっかりと勝っておきたいというのが心情。となると、リーディング上位騎手を配置してくるのも当然のことということですね。前走から鞍上強化となっている馬には要注意です。

この2つを押さえつつ、今日のC3戦は1~5の計5レース。5連勝を狙いますが、まずは1RのみブログでUPします。2~4Rは1Rの結果次第でtwitter、LINEで配信したいと思います。

今日の運命が決まる1R。リミテッドC3。リミテッドとは園田デビュー馬しか走れない一戦です。

C2からとなるのが、②番ピアノチャン、③番ラダムドゥラメール、④番ケンスターハーバーの3頭。この3頭からまずは軸馬を選びます。

力は断然④番ケンスターハーバー。叩き3戦目で降級戦。鞍上も2勝マークの永島騎手ですから当然コレが軸でもいいのですが、良績は1230m。1400mと8歳という年齢が引っ掛かります。

②番ピアノチャンは、4走前にC3を快勝の実績。しかし3組で時計も1分36秒5。これはさすがに凡戦と言わざるを得ません。となると、3走前に1分33秒3でC3快勝の③番ラダムドゥラメールが一番信頼できる降級馬と言えそうです。まだ3歳と伸びしろの大きさも強み、とこ穴ブログ注目のエンパイアメーカー産駒というのも何かの縁でしょう(笑)。

本命は③番ラダムドゥラメール
オッズがまったく読めないので馬券の買い目が難しいですが、単勝1本もしくは切る馬がいない組み合わせですから、馬単総流しが有効的かなと。

一応、2R以降にチェックできない方もいらっしゃるかと思いますし、ワタクシも午前中に想定があってUPできない可能性がありますので、現時点での注目馬(本命馬)をササッと書いておきますね。

2Rは⑩番タイキフロンティア、3Rは⑥番リュウノデンゲキ、4Rは③番アスターアゲイン、そして5Rが⑧番ラガーキリンオー。

では本日の競馬を楽しみつつ、ひと儲けしましょう!

宜しければ、登録お願いします!→友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク