【中央競馬】天皇賞よりも勝負の一戦。キーワードは「エンパイアメーカー」と「和田さん」

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

アルテミスS、スワンSともに本命馬が見せ場を作ったのは、直線の一瞬だけ。当たらないです、ゴメンナサイ。

何とか佐賀の最終スーパーマックスで少し息を吹き返し、高知のファイナルレースで永森からの総流しがハマったことで事なきを得ましたが、やはりブログでの予想が当たってナンボ。じゃないと、コレやってる意味がないですからね。

日曜日は天皇賞・秋。キタサンブラックの単勝オッズ3.0倍をどう見るかですが、巷ではアリトアラユル噂が飛び交っているようです。

確かに表には出ない、出せない事情を抱えつつ走っている馬がいることも確かですが、こういうのって何とかして人気馬を消したい時に限ってワンサカワンサカ沸いてくるんですよね。こういう時の一番の対処法は「買わない」ことです。グレードの違いで配当金に差が出るわけじゃありませんから。

ということで、日曜日の勝負レースは天皇賞ではありません。一応、GIですから予想はつけましたが、別に語るほどの根拠もなければ自信もありません。それでも教えろよぅ!ってキトクな方には、コチラ→のブロガー予想印→天皇賞秋をクリックしてもらえると、上から3番目にいます。そちらでご確認お願いします。穴でも何でもないですよ笑

さて本題へ。
実は最近、非常に気になっている種牡馬がいます。それがエンパイアメーカー

出世頭は中山金杯・中山記念の2重賞を制し、種牡馬として活躍中のフェデラリスト。現役馬ではカイザーバルやマイティティー、先週の菊花賞に出走したプラチナヴォイスなどがいて、バラエティーに富んだラインナップですね。

エンパイアメーカー産駒と言えば、ダート向きということが真っ先に思い浮かぶと思いますが、もう一つ大きな特徴があります。

それは、「気難しいタイプが多い」ということ。

強いときはめちゃんこ強いのに、負ける時はコロッと負ける。とにかく気持ちを最優先させないと走らない産駒が多く、きさらぎ賞でギュイーンと内ラチまでぶっ飛んで行ったプラチナヴォイスや、イジゲンなんかもまさにその典型でしたね。

アテにならないから、勝つときは大体が人気薄。←ここにエンパイアメーカー産駒の魅力があるわけです。

そしてそんな気難しいエンパイアメーカー産駒を巧みにエスコートするのが、和田竜二騎手。

産駒が勝ち星を量産し始めた2015年からのデータを見ていくと、実に面白いデータが浮かび上がってくるのですが、まず15年の45勝中(ダートのみ)、最も多くの勝ち星を挙げたのが武豊騎手と和田騎手で4勝ずつ。54勝を挙げた16年は、3勝ずつで和田・小牧・戸崎・デムーロ・荻野極・内田博騎手が並ぶ形に。

そして17年はここまで52勝を挙げていますが、その内5勝が和田騎手。ちなみに土曜日の八坂Sは芝ですが、テン乗りのエテルナミノルで快勝でしたね。

以上の結果から、「エンパイアメーカー×和田竜二」の法則が、穴馬券のトリガーとなるわけです。

でもそんな組み合わせが毎度毎度あるわけじゃないでしょ?とお思いかもしれませんが、日曜の東京ですぐに見つけてしまいました。

東京6Rの3歳上500万下(ダート130m)。ここが本日の勝負レース。

本命は⑥番アーバンイェーガー
新馬戦は芝2000mで7着。2戦目からダートへ転じると6、5、4、5、4、2、1着とレース振りが安定。やはり適性はダートにあったということですね。

そして今回は和田竜二騎手が鞍上。厩舎的にも何故?という鞍上配置ですが、これは天の配剤。昇級戦で人気にならない点もエンパイアメーカー産駒向きです。

相手も同配合のローレルジャックが本線。前走14番人気2着の勝ち馬がヤマトワイルド。熱心な当ブログファンの方なら、ピンときたかもしれませんね。

馬券はまずは単複。これだけは真っ先に押さえてください。そして余裕がありましたら、馬連、もしくは枠連の総流し。

徐々に登録者が増えています。ありがとうございます。
ブログ更新情報をLINEで受け取れます→友だち追加

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 金太郎 より:

    こんにちは!
    参考にさせていただいた時は本当に回収率が跳ね上がります😄本当にありがたいです!
    今日は少しだけG Iだけ買って、勝ち逃げします!😄
    ありがとうございますm(__)m

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      金太郎さん、お久しぶりです。

      勝ち逃げができたとのことで^^
      最近は冴えない予想が続いていましたので、私もスカッとしました。

      また一緒に儲けられるように頑張ります!
      コメントありがとうございます。

  2. 1000人に1人の客 より:

    ローレルジャックとアーバンイェーガー。
    エンパイアメーカー丼いただきました!
    天皇賞も当てたいです(笑)
    ありがとうございました!

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      やはり和田騎手は信頼できるなと再認識させられました。

      今後も「エンパイアメーカー×和田竜二」には要注意ですね!
      この説をここから広めていきたいです笑

  3. 競馬の負けが年収超えた 引退です より:

    キタさんブロック 強かったですね

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      競馬の負けが年収超えた 引退ですさん

      キタサンブラックの強さだけが際立つ一戦。やっぱり華がありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク