10/22(日)東京・京都・新潟競馬からの【厳選穴馬】3頭

日曜日も東京・京都は、引き続き道悪競馬。こういう馬場状態でこそ狙える馬、血統馬をピックアップすれば的中馬券はすぐそこ?かもしれません。

まずは東京3Rから。
本命は②番トーセンクリーガー。新馬戦は札幌芝1500mで5着。内枠有利のコース形態ですから仕方がありませんが、枠のぶんだけ外を回らざるを得ない展開。4角でも内から張られてしまい、かなり外へと膨れてしまいました。

それでもエンジンが掛かってからの伸び脚は上々。あの内容なら1500→1800mは間違いなく好材料です。父トーセンロレンスはディープインパクトの半弟という良血ですが、父はダイワメジャー。瞬発力よりもパワー型で、母父フレンチデピュティからもこんな馬場は得意なはず。姉ライズスクリューは単勝230倍1着。穴馬の血も流れています。

相手は道悪が得意なルーラーシップ産駒や、ダート血統馬を狙いたいところですが、ここはその手のタイプが多数。馬券は②の単複を厚めがオススメですが、どうしても連で買うと言うなら、アイルハヴアナザー産駒の⑧番コスモレリアかなと思います。

飛んで、京都10R「桂川ステークス」
本命は⑪番テイエムゲッタドン。過去に現級3着があるように、能力自体はヒケを取りません。復帰後はブリンカー効果も大きく、4→7→4着と大崩れなし。稽古でもしっかり動けていますから、調子もいいのでしょう。

父がテイエムオペラオーなら、渋馬場大歓迎。今回が絶好の狙い目と言えそうです。

そしてラストが京都12Rの④番ブラックジョー
500万勝ちの2着馬が現OP馬のウインオスカー、そして1000万勝ちの2着馬がこちらも現OP馬サトノファンタシー。競馬新聞の馬柱からではわかりませんが、実はかなり強い相手と戦ってきた経験があります。

復帰後、ダート1700m→芝1200mと試行錯誤が続きました、前走内容を見てもやはりベストはダートの短距離で間違いなし。脚抜きのいい馬場で脚質的に危うさもありますが、ここはかなり前が流れる組み合わせ。後方からも十分間に合うはずです。

新潟は現時点でピンと来る馬がいませんでした。何か閃けばtwitter、もしくはlineでの送信を考えています。
登録はコチラ。→友だち追加

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク