【埼玉新聞栄冠賞2017】先行有利の馬場なら◎オウマタイムの時間だ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

月曜日は浦和競馬場へ行ってきました。新スタンドとなって初めてということもあり、右往左往。結局、警備員のおじさんに「記者席ってどこから入れば?」と聞いてしまう始末。恥ずかしい。

月曜日は1Rだけ記事をアップしましたが、結果は・・・まぁ、アレとして、気になったのは馬場状態。

終日降り続ける雨の影響で、水が浮いた所謂「ぬかるんだ」馬場状態。逃げ~先行が有利となる脚抜きのいい馬場というやつですね。ある関係者にチラッと聞いたのですが、浦和の砂質は多少の雨なら引っ掛かりが悪くなり、走りづらい馬場になるそうです。その結果、スタミナを要す馬場となり、逃げ・先行型よりも差し~追い込み型が有利となると。

でも初日の馬場は、とにかく行ったもん勝ちの馬場。
1コーナーを回ったところで、大勢が決するという状態で、記者席では「1マークで決まりの浦和競艇だよっ!」なんて声まで飛ぶ始末。簡単と言えば簡単ですが、レースとしては単調と言わざるを得ませんでした。

昨日も月曜の馬場をトレースしたかのような感じでしたが、何レースかは差す馬も見られました。明日はもう少し、傾向が崩れるような気もしますが、あれだけ水が浮いていたことを思えば、結局浦和競艇の可能性もあります。メインの埼玉新聞栄冠賞までに馬場傾向を掴みましょう。

では、前フリが長くなりましたが、メインの「埼玉新聞栄冠賞」の予想へと参りましょう。

連覇を狙うタイムズアロー、前走重賞快勝の3歳馬カンムル。勢いに乗るタマモネイヴィー、久々好発進のオウマタイムなど、なかなか楽しみなメンバーとなりました。

前日オッズでの1番人気はカンムルで3.3倍。タイムズアロー、オウマタイムが4.0倍で続き、セイスコーピオンが8.5倍。ここまでが10倍以下となっています。まぁ、明日になればドンドン変わるでしょう。

本命は④番オウマタイム
結局、馬場は逃げ~先行馬有利。なら、脚質的にも一番マッチするのがこの馬だろうということです。重馬場【2.1.0.2】と苦にしない点も強調材料でしょう。

1800mを超える距離では連対実績がありませんが、コーナーをクルクル回る浦和1900mなら問題はないはず。ここは単騎逃げが確定済みのメンバーでもあります。

今回が初騎乗となる石崎駿騎手。ひと開催にいくつかは不可解?なレースもありますが、ここ一番の勝負強さは父親譲り。ビシッと決めてくれるでしょう。

相手は②番タイムズアロー、⑧番カンムル。気配次第で⑦番イッシンドウタイを加えるかどうかですね。馬連④-②⑦⑧で。



この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク