【サウジアラビアロイヤルC2017】今年は法則が崩れる?◎はテンクウ。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

3日開催時は時間の感覚が狂いますね。。。予想もサッパリですし。。。

しかし、指をくわえていても当たり馬券は来てくれません。自力で引き寄せるしかありません。よし、おっさんはやるぜ。

今週から舞台を東京・京都に移しての開催。茹だるような暑さも消えて、いよいよ秋本番。競馬観戦に最適な季節となりました。

来週は久々に川崎競馬に行こうかと思っています。南関ガールズ目当てで。(笑)

では東京メインのサウジアラビアロイヤルCの予想から参りましょう。

重賞となって今年で3回目。まだまだ歴史は浅いですが、前身はGI馬を多数輩出したいちょうS。今年はフルゲート18頭と頭数も揃いましたから、実に面白そうな一戦となりましたね。

ちなみに過去3年分ですが、レースの傾向としては・・・

  • ① 初勝利直後の馬が強い
  • ② 1・2番人気の勝ち馬がいない
  • ③ 関東馬が必ず1頭は馬券に絡む

こんな感じですね。

過去3年の連対馬6頭はすべて新馬・未勝利勝ち直後。キャリアを問われることがなく、重賞・OP特別ステップの馬は【0.0.1.6】と苦戦傾向にあります。

そして過去3年の勝ち馬を見てみると、14年クラリティスカイ、15年ブレイブスマッシュは4番人気。16年ブレスジャーニーも3番人気と、ここまで1・2番人気馬の優勝はありません。

最後に今年も7頭と大挙出走となる関西馬ですが、これまで関西馬の上位独占はゼロ。毎年、必ず関東馬が馬券に絡んでいます。3番人気以降の関東馬が狙いになるのかなと。

今年の出走馬の中で①に当てはまるのが、②ダノンプレミアム、③シュバルツボンバー、④ボウルズ、⑤ハクサンフエロ、⑧メルムサール、⑩バイオレントブロー、⑫メイショウドウドウ、⑬カーボナード、⑰スワーヴエドワードの9頭。

そして③も満たすのが、⑤ハクサンフエロ、⑧メルムサール、⑬カーボナード、⑰スワーヴエドワードの4頭。この4頭の単複を買えば何かは当たるでしょうというのが、とこ穴カンピューターから導き出された答えというわけですね。

でも今年はこの法則が崩れるだろうと(やっと辿りついた)いうのが、ワタクシの読み。

本命は⑭テンクウ。前走の新潟2歳Sは、600m通過36秒6という悶絶スローペース。逃げたコーディエライトが2着に粘り、2番手追走のフロンティアが抜け出すという実に単調なレースでした。

そんな中で一番内容の濃い競馬をしたのが、3着だったこの馬。最後の叩き合いで見劣りはしたものの、楽をする前2頭を捉えに出る強気の競馬で、上がり32秒6はメンバー最速でした。もう少し流れれば、結果は違うはず。

この舞台で新馬勝ち、当時と同じ田辺騎手へ戻る点も好材料でしょう。屈腱炎で夢半ばでターフを去った兄イブキの分まで、頑張ってくれることを期待します。

馬券は⑭の単複。馬連で⑭-②③⑤⑩⑬⑰と手広く。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク