【東京盃2017】右回りなら違う!ショコラブランの巻き返しに期待。最後にブルドッグボスの調教動画も。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今週は中央競馬が3日開催。どうりで仕事が多かったわけだな・・・。

さらに地方競馬も負けじ?と大忙しで、火曜日の白山大賞典から始まり、水・木曜日は大井競馬場で東京盃とレディスプレリュードの重賞2本立て。さらに木曜日はもうひとつ、門別競馬場で2歳重賞のサンライズカップがあり、日曜日は佐賀競馬場で九州ジュニアチャンピオン。そして締めが月曜日の盛岡競馬場で行われる南部杯。

白山大賞典からすでに黒星スタートなわけですが、できる限り、ブログで予想はUPしていきたいと思います。

まずは、明日の大井競馬メイン「東京盃」の予想と、最後に調教動画も何本か掲載したいと思います。

今年はJBCが大井で開催されることからも、例年以上に注目が集まる前哨戦。

前日オッズを見てみると、⑥番ニシケンモノノフが1倍台と断然の人気。最終的に1倍台となるかどうかは別にして、1番人気はこの馬でしょう。

次いで人気を集めるのが、⑬番ナックビーナス。ダート【1.2.0.0】、牝馬ながらも骨太で如何にもダートが合うタイプですが、さすがに売れすぎの感があります。当日になれば、もう少し落ち着くでしょうが。

ここは地方勢も魅力的ですね。クラスターC勝ちの浦和ブルドッグボス、かきつばた記念勝ちの園田トウケイタイガーに、スプリント路線で素質開花の船橋スアデラ。転入緒戦を重賞勝ちで飾った船橋キタサンミカヅキの上昇度も侮れません。

目移りするメンバーですが、本命は④番ショコラブラン

OP特別快勝後は、かきつばた記念3着、北海道スプリント2着、クラスターC4着。そのすべてで先着を許した馬が今回も参戦していますので、正直勝負付は済んだとも取れますが、馬券圏内を外したのは前走だけ。勝つかどうかは別として、2~3着なら十分取れるという計算からの本命です。

その前走で気になった点が、コーナーリングのぎこちなさ。3コーナー付近から外へ張るような仕草を見せ、完璧に追い出しが遅れるロス。最後は盛り返すように伸びてきましたが、個人的に脚を余しての4着といった印象で、やはりこの馬は右回りがベストでしょう。

ちなみに左回り【0.2.1.1】に対して、左回りは【6.3.1.18】。完全に別馬なのです。鞍上の戸崎騎手とも【1.1.0.0】と好相性。先週のスプリンターズSのメラグラーナを見ていると少し不安もありますが、慣れたダートなら大丈夫でしょう。

対抗は⑥番ニシケンモノノフ、3番手が⑭番ブルドッグボス。あとは⑪番スアデラ、⑩番ドリームバレンチノまで。

馬券は馬連④-⑥⑩⑪⑭の4点。(複勝が2.1~ぐらいつけば、これに全力ですが)

ブルドッグボス(浦和)の追い切り。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク