【フローラルカップ2017】渋すぎるぜ。本命はスマートロビン産駒リンノストーン。

続きまして、門別で行われる「フローラルカップ」の展望へと参りましょう。

過去の勝ち馬を見てみると、女傑クラーベセクレタを始め、カイカヨソウ、ノットオーソリティ、タイニーダンサーと錚々たる顔ぶれ。今年の門別2歳馬はかなりハイレベルですから、非常に楽しみな一戦となりそう。波乱も十分ありそうですよ。

人気の中心はコスモス賞2着、札幌2歳Sでもラストの脚に見どころあったミスマンマミーア。芝が合うことは確かですが、ダートも【1.2.2.0】と申し分なし。1600、1700でも結果を残している点も大きな強みでしょう。

リリーカップの勝ち馬ストロングハートも、かなりの器。2走前は気性面の脆さを見せましたが、前走でしっかりと矯正。能力の高さを再認識させられました。今回は1600がポイント。

各馬の能力比較もですが、①番ヒロ、⑤番フォローユアハート、⑥番ゴールデンビコー、⑧番ナツミプレジールの4頭は、前走霧で中止になった組。ローテが狂ったことは確かだけに、当日の気配には十分注意を払いたいですね。

では予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フローラルカップ2017予想

◎⑪番リンノストーン

本命はリンノストーン。父スマートロビン(目黒記念勝ち)と涙が出そうなぐらい渋い血統ですが、母系はちょっと優秀で、叔父アドバンスウェイは7勝を挙げた立派なオープン馬。その兄シアトルフレームも、ダートの重賞戦線に顔を出す活躍馬でした。

初勝利となった前走ですが、直線入り口では頭を上げて鞍上が追い辛そうな場面。直線に入ってもまっすぐに走らず、気性面の若さ丸出しのレース振りでしたが、逆に言えばそれだけ伸びしろがあるということ。

馬場状態に関係なく、常に16秒台と時計不足の感は否めませんが、スピード系でないことは明らかですから、1600に距離が延びる点は好材料でしょう。火曜日のレースを見ていると、馬場は完全に前有利の傾向。この馬の先行力がフルに生きてくるはず。

○⑨番ミスマンマミーア

前走の札幌2歳Sはさすがに相手が強かった印象ですが、直線の末脚は見どころ十分。7着とはいえ、0秒3差なら十分合格点でしょう。

中央へ2度使ったことで見えない疲れがあるのか、もしくは強敵に揉まれたことによる地力強化があるのか。判断に迷うところですが、ここは仮に7~8分程度でもどうにかなる相手。連は外さないと見ました。

▲①番ヒロ

3番手がヒロ。1600を経験したくて使った前走ですが、霧で無念の中止。距離を経験できなかったことは残念でしたが、血統的にはまったく問題はないはず。

母シルクシャープネスはブライアンズタイム産駒らしく、現役時ダート1700、1800、2000で3勝を挙げた中距離ランナー。その母に父トランセンドならむしろスタミナの塊と言ってもよく、1600がマイナスになるとは到底思えません。隣のクロスウィンドが取消たことにより、レースもしやすくなりました。強気に行けば残れる馬場、行ってほしいですね。

馬券は⑪番リンノストーンから、手広く流す感じですね。複勝もオッズがつけば押さえておきたいです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017