【中山競馬予想】信じ続けることが重要。今週もブライアンズタイムを狙います。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

こんな時間の更新になってしまいました。
「3日開催で作業が多くて・・・」「今週末は予想イベント(副業)があって・・・」とか、それなりの理由をつけたいところですが、「大井・園田ナイターで、しこたま取られて戦意喪失」が本当のところでありまして・・・。

いやぁ、それにしても当たらなかった。見せ場もなかった。
ペースが緩むと見ればハイペース、差し馬狙えば行った行ったですからね。泣きたくなりました。

泣きたくなったと言えば、先週の中山競馬。

「中山ダート1800mは、母父ブライアンズタイム」説を唱えた瞬間、対象馬が7、8、4着。
ダート1200mは違いますよ?と言えば、最終のダート1200mで対象馬シェアードが3着に・・・。どないなっとんねん。

しかし、やっぱり違ったーと投げ出してはいけません。
競馬は信念が大事。その先に穴馬券が待っているのです。たぶん。

ということで、今週も引き続き、母父ブライアンズタイムを検証。
今週はダート1200mもカバー。恥もヘッタクレもなし。いいところは吸収するタイプです。

まずは、中山1R。
ここは④番マイキャラット、⑧番タイセイパルフェ2頭が該当馬。前者はオルフェーヴル産駒で、後者はロードカナロア産駒。ともに芝向きだけに何とも言えませんが、どちらかと言えばタイセイの方に適性がありそう。馬連⑧-④⑤⑩⑭⑯の計5点。

続きまして、中山6R。
母父ブライアンズタイムはいませんが、父フリオーソ(父ブライアンズタイム)の⑩番タツオウカランブ、母父サニーブライアン(父ブライアンズタイム)の⑮番アサヒキリの2頭が変則的該当馬。まぁ、複勝買って様子見ですね。

中山7Rは、芝2000m。
「ダート違いますよ? 気が狂ったのですか?」と言われそうですが、皐月賞のディーマジェスティのように、芝中距離ならブライアンズタイムパワーは発動するのです。
ここは⑮番エスポワールママンが該当馬。3→4着と安定してきましたから、ラストチャンスのここでしっかりと結果を出して欲しい。単複⑮番

中山8Rは、⑤番パパラヴズマンボ、⑭番サンクタリリアスの2頭。サンクタリリアスはさすがにもう上り目がなさそうですが、パパラヴズマンボはいいところでしょう。前走は直線での不利が堪えました。ブリンカー2戦目、半弟ヒガシウィルウィンという血統馬。ガラリ一変に期待です。単複⑤番

メインのレインボーSは、⑦番ワールドレーヴ。ディーマジェスティのお兄ちゃんですね。鞍上も蛯名騎手ですから、何やらやってくれそうな雰囲気はありますが、2000mは正直短いかなぁと。テオドールがちぎって勝つようならチョイ差し2~3着もありそうですが・・・。

中山12Rは、タイムパラドックス産駒の⑮番マイネルツァイト。この舞台で新馬勝ちの実績。立て直した今回は狙い目となりそうですが、ここまでの結果を振り返って行けそうなら行きましょう(笑)。

これで中山全滅で、阪神で来てたという悲しいパターンもありそうだけに、オークランドRCTの④番クールオープニング、⑧番メイショウバッハも押さえようかな。

と、土曜日は狙い馬がなく、ネタみたいな記事になってしまいました。申し訳ありません。
日曜、月曜の重賞はガッツリ買いたい馬がいますので、楽しみにしててくださいね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク