【旭岳賞2017】焦点は相手探し。狙いは差し馬?

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

本日の門別競馬場で行われる重賞は、第3回「旭岳賞」。

第1回は1着アウヤンテプイ(1番人気)→2着グランプリブラッド(2番人気)。第2回が1着オヤコダカ(1番人気)→2着グランプリブラッド(3番人気)と、いずれも上位人気馬での決着。

今年の顔ぶれを見ると、まぁ波乱はないでしょうといった感じ。馬券の買い方、センスが問われる一戦と言えそうです。

現在の人気は、連覇を狙うオヤコダカが1.0倍で1番人気。
高速馬場で追走に余裕がなかった前走のエルムSですが、1秒4差8着なら悪くない内容。慣れていけば、いずれはJRAでも通用するのでは?という感触もありました。

今季3戦全勝、いずれもワンサイド圧勝と地元に戻れば無双状態ですから、まず負けることはないでしょう。ここは相手探しでOK。

転入緒戦、初ダートも難なくクリアしたサクラゴスペルが相手筆頭でしょうか。JRA時は重賞3勝、GIスプリンターズS2着という金看板も。ダートでもスッと行き脚がついた前走を見れば、ここも再度逃げる形へ持ち込めそうで、オヤコダカの追撃を振り切る場面があっても驚けません。

しかし、この2頭の馬券を買っては面白くありませんよね?

そこで、昨日の馬場傾向から差し馬に注目したいと思います。

昨日は不良馬場らしく、逃げ~先行型の活躍が目立ちましたが、俗に言う「行った行った」のケースはそれほどなく、勝ち馬が先行勢を一掃→差し馬が2~3着というパターンが多く見受けられました。ここはまさにそのパターン。

まず、内枠を利して②番サクラゴスペルがハナ。⑦番オヤコダカが2番手を追走し、①番テイエムシャンパンが3番手。そして中団~後方にかけて、⑥番トウカイビジョン、④番ユウユウ、③番アイアイヨークン、⑧番グレイレジェンド。

問題は、サクラゴスペルがオヤコダカのプレッシャーにどこまで耐えられるかですが、はねのけるようなら、サクラ-オヤコダカで順当でしょう。しかし、そうは甘くないと見ます。(じゃないと面白くないので)

オヤコダカがサクラを潰して直線独走。バテたサクラに後続各馬が襲い掛かるというシーンを夢想して・・・。

馬券は3連単フォーメーションで、⑦→③④⑥⑧→②③④⑥⑧(計16点)。馬単でもok。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 味付け海苔 より:

    お世話になります!

    先生、お見事です!!

    先生の予想通り、サクラゴスペルはオヤコダカのプレッシャーに耐えられずそうそうに脱落しましたね!

    買い目を、まるまる乗っかりプラス収支でした!サクラゴスペルが飛んだのでもう少し、いい配当になるのかと思いましたが、みなさんお上手ですよね!

    これからもお体には気を付けて、渾身の穴の予想をお願いします!!

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      味付け海苔さん。
      コメントありがとうございます!
      展開・予想ともにバッチリ嵌ってくれました。
      1000年の1度かもしれません、ここまで完璧だったのは。(笑)
      また明日以降もUPしていきますので、頑張りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク