【川崎競馬】今度は大丈夫。もう一度狙う3R①番ウルトラチューン

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

中央競馬とのダブル開催で、よほどの馬がいない限りは別にいいかと思っていた川崎競馬ですが、よほどの馬がいたので急遽UPすることとなりました。

3R「中華料理と馴染みの深い町かわさき杯」に出走する、①ウルトラチューンがその馬。
当ブログの熱心な読者なら、ピンときたはず。そうです、9月5日船橋競馬の鉄板馬として挙げたあの馬です。(記事はコチラ)結果は惨敗でしたが・・・。

しかし終わってみれば、あの日は完全に外差し馬場。逃げ馬が馬券内に入ることがほぼありませんでしたから、この馬にとっては合わない馬場だったと解釈できます。

開催が進むにつれて、いつもの「内枠・先行馬」馬場を取り戻した川崎競馬。となると、今度はウルトラチューン向きの馬場であると言えるわけです。さらに今回は絶好枠。鞍上も小杉→繁田なら、期待が高まって当然。

②ブリージー、⑦タフネス、⑧クルイザキあたりの位置取りが読めませんが、前走の出足があれば大丈夫。ハナ、もしくは2番手でしょう。今度は止まりません。

単ガッツリ。馬連①-③④⑥。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク