【船橋競馬】9/5(火)船橋競馬の鉄板馬は1R⑪番ウルトラチューン

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

まだ記事数が100を超えたところですが、少しずつアクセス数も増加傾向にあり、Googleで「競馬 穴予想」とかで検索をして頂くと、1ページ目に表示されるようになりました。

これもひとえに、皆様の応援があればこそ。今後も予想の一助となるべく、邁進していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

と、そんなことを言っておきながら、先日の新潟記念はまったくいいところなし。少しレースについて触れておくと、前半59秒0-後半58秒9の平均ペース。上位4頭がソックリ残ってしまう展開となりましたが、今年の夏の新潟はとにかく外差しが利かない馬場でもありましたから、後方勢にとっては厳しいレースになってしまいましたね。

勝ったタツゴウゲキは、終始番手でスムーズな競馬。最後の直線でも馬場のいい外目を選びつつ、しっかりと抜け出してきました。小回りコースのお手本とも言える競馬だった前走同様、今回も秋山騎手が巧く乗ったなぁというのが正直な感想ですが、馬も強くなっているのでしょうね。前走で売り切れたと思った自分が情けないです。反省。

さて今週から秋競馬。
朝晩が過ごしやすくなり、仕事も少しほっと一息。ジャンジャン予想をアップしていきたいと思います。まずは9/3の船橋競馬。メインレースはフリオーソレジェンドですが、当ブログのメインレースは1R。

ここは初出走馬シンボリバトーがどれほど人気するのかがポイント。
馬なり1分3秒2の能試からこの相手なら・・・とも取れますが、如何せん初めての競馬。スタートが悪かったりすると揉まれ込む危険性を秘めた内枠ですから、過度の信頼は禁物と言えそうです。勝たれたらゴメンナサイ。

本命は⑪番ウルトラチューン
ブリンカー着用となった前2走が、それまでとはまったく違う走りっぷり。スタートで遅れることがなくなったこと。そして前向きさが出てきたことから、好位からの競馬が出来るようになりました。「初勝利」の背中は見えています。

当然、シンボリバトーが相手にはなりますが、久々ひと叩きのアルファルージュ、実戦2度目のアショーマ、先行力が侮れないリュウノジャパン。ここまでですね。

馬券は単勝⑪番。馬連⑪-②④⑦⑧、オッズ次第では⑪-④⑦⑧のワイドも加えたいと思います。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク