【札幌2歳S2017】知らなきゃ損をする?札幌2歳S最強の法則

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

「ダブル開催で仕事が増えちゃうなぁ・・・。」なんて嘆いていたのが昨日のようで、気が付くと夏競馬ももう最終週。そうこうしている内に秋のGIシリーズに突入して、あっという間に有馬記念。競馬のサイクルって本当に早いなぁと実感しますね。

茹だるような暑さが影を潜め、朝晩もすっかり秋っぽくなってきましたし、何だかイイコトがあるような気がします。何となくですが。

それが大万馬券的中なら、当ブログの人気も爆発して何も言うことはないのですが・・・。ん~、頑張ります。

土曜のメインは札幌競馬場で行われる「札幌2歳S」。
見どころは、やはりオルフェーヴル産駒でしょうか。新馬戦がレコード快勝だったクリノクーニングと、ラスト32秒5と切れに切れたロックディスタウン。どちらとも大物感が漂いますから、ここも難なく突破でも不思議ではありません。

前走大差圧勝だったカレンシリエージョに、いかにも洋芝巧者と思えるシスターフラッグ・ファストアプローチも侮れない存在。門別2騎もそう差はない印象ですから、どこからでも入れそうですね。

では札幌2歳Sの予想を・・・と思ったのですが、タイトルで引っ張るわけにもいきませんので、まずは「知らなきゃ損をする?札幌2歳S最強の法則」についてお話しておきましょう。ビビビッ!と来たら、拡散お願いします(笑)。

私は予想を行う上で血統や近走成績はもちろんのことですが、もう一つ重視するポイントがあります。それが「枠順」です。

直線競馬なんて枠順がすべてですが、その他のコースでも枠の有利不利はハッキリと存在しますし、もちろん、馬の性格や脚質によっても同じことが言えます。

そしてこの札幌2歳Sでは、なぜか異常なほどの強さを見せる枠が存在するのです。

それが、11番枠。

2007~2016年の過去10年で、11番枠に入った馬の成績を見てみると・・・

  • 07年 ホウザン(13番人気3着)
  • 08年 フォーレイカー(9番人気8着)
  • 09年 モズ(4番人気2着)
  • 10年 アヴェンチュラ(2番人気2着)
  • 11年 グランデッツァ(1番人気1着)
  • 12年 ラウンドワールド(1番人気2着)
  • 13年 マラムデール(8番人気6着)
  • 14年 マイネルシュバリエ(11番人気2着)
  • 15年 アドマイヤエイカン(2番人気1着)
  • 16年 エトルディーニュ(9番人気4着)

どうでしょう?この圧倒的好成績。
札幌競馬場改修工事で函館開催となった13年をノーカンにすると、全9回で馬券の対象とならなかったのは僅かに2回だけ。
個人的に去年のエトルディーニュは、もう少し気の利いた鞍上なら楽に3着はあったと思いますから(悔しかった)、まったく話にならなかったのは08年のフォーレイカーだけとも言えます。

札幌芝1800は内枠が有利なコース形態なんですが、なぜかこのレースだけは外が強いんですよね。まだキャリアの浅い2歳馬ですから、揉まれない外目の枠が良いということなんでしょう。

今年、この幸運の11番枠をGETしたのが、ロックディスタウン。

「普通やん。。。」の声が聞こえてきそうですが、こればかりは仕方がありません。隣のサージュミノルと反対なら面白かったんですけどね。

以上、最強の法則から導き出された本命馬は⑪番ロックディスタウンでした。

でもこれじゃ、当ブログのコンセプトに反しますので、俺予想もひとつ。。。

本命は③番ミスマンマミーア

前走のコスモス賞は渋馬場が味方した面もありますが、メンバー最速となる上がり35秒4の末脚で2着。好素質馬ステルヴィオをクビ差まで追い詰めました。

豊富なキャリアはもちろんのことですが、母父サンデーサイレンスですから、芝適性があったということでしょう。
クイーンS2着のトーセンビクトリー、札幌記念1着サクラアンプルール、2着ナリタハリケーンはすべて母父がサンデーサイレンスでした。最終週もこの血統がしっかり締め括ってくれるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

札幌2歳S予想

◎③番ミスマンマミーア
○⑪番ロックデイスタウン
▲⑩番クリノクーニング
△⑭番ファストアプローチ
△④番カレンシリエージョ
△①番シスターフラッグ

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする