【園田チャレンジカップ2017】容易だねオースミイージー

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

水曜日のアフター5スター賞は、軽視したキタサンミカヅキが直線一閃。鮮やかな差し切りとなりました。さすが、元JRAオープン馬ですね。

本命ミヤジマッキーは9番人気6着。人気以上に来れたとはいえ、当たっていたのは直線外から瀧川騎手の豪快なアクション・・・まででしたね。馬券を買って後悔はない一戦でしたから、良しとします。

むしろ、良しとできなかったのが、笠松8Rの「JRA交流・鈴蘭高原賞」。
「笠松の交流戦は、とにかくJRA馬から」が持論、鉄則なわけですが、ここはJRAから5頭が参戦。上位1~4人気を占めていたように、どう買うかだけがポイントでした。

1番人気は大外9番枠のナオアンドユリ。次いでサンライズチャージ、マルカテノール、スズカコスモスの順。

成績的にはナオアンドユリで仕方なしですが、プラス12キロ。ローエングリン産駒のダート適性の無さはエグイですから、本命はすんなりとサンライズチャージに決まりました。小回り向きの先行力兼備で、パドック気配も申し分なし。

残るはスズカコーズウェイ産駒のスズカコスモス。そしてマルカテノールですが、マルカもローエン産駒。ならば鞍上に佐藤友を配してきたスズカを対抗にと思いましたが、如何せん成績が・・・。

それなら、ローエン産駒でも母系がバリバリのダート血統のマルカの方がチャンスがあるのでは?と思い、こちらを対抗評価に。

馬券は、サンライズから馬連でスズカ、マルカに2点ずつ。いずれも10倍程度と配当もいいところでした。

マルカがすんなりとハナを取り、スズカが2番手。そしてサンライズが抜群の手応えで3番手追走と、もう出来たも同然の隊列。

「どっちでもええんやでぇ~」

とニヤニヤしながら、最後の直線へ。

逃げ粘るマルカを目標にサンライズが馬体を併せ、さらに外から一銭も買っていないナオアンドユリ。この時点でスズカは脱落。

そして熾烈なデッドヒートの末、ゴールを迎えたのが下図になるわけですが

「岡田!よく残したっ!」

と言ってしまうのも当然でしょう。いや、言うでしょう、コレは。どう見ても残してるし。

この角度では・・・。

一昔前までは船橋、浦和でもこのような「ナナメのマジック」が存在しましたが、現在はおそらく笠松ぐらい。カメラアングル、いい加減に変えてくれよん。くそぅ。。。

と、あまりにショックで長文となりましたが、そろそろ、金曜の園田チャレンジカップの予想を。

ここはどう考えても、トウケイタイガーの頭は不動。まず負けないでしょう。問題は相手。

トウケイタイガーが逃げる展開なら、無用な競り合いはなし。ペースはそれほど上がらないと見れば、トウケイについていく先行~好位勢が流れ込むというパターンですが、ここは笠松から参戦のハイジャがいいアクセントになるはず。

いい意味でレースを壊す傾向もある乗り役さんですから、意外にもペースは流れると見ました。となれば、狙いは2~3着に差してくる差し~追い込み馬。

そこでオースミイージーに白羽の矢を立てたわけであります。
9歳馬でまったく上り目はありませんが、少し展開が噛み合えばラストは伸びてくる馬。距離も1230より1400向きです。

馬券は1-11のワイド。そして3連複2頭軸で攻めたいと思います。

馬券なんて簡単簡単。イージーイージーと言ってみたい。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク