【アフター5スター賞2017】出走馬考察と驚愕?の穴馬発表

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今日は朝から北朝鮮のミサイル発射報道一色でしたね・・・。

「ミサイル発射の動きは事前に掴んでいた」との報道もありましたが、正直なところ「ホンマに?」感が拭えませんね。

まぁ、政府が信頼できるできないってことよりも、ミサイルばっか飛ばしてんじゃねぇよってのが本音ですが。まったく、どんだけ暇なんだよ・・・。

こっちは大井、門別、週末の3重賞(新潟記念・小倉2歳S・札幌2歳S)の予想で忙しいのに・・・。アイツも競馬やりゃいーんだ。

さて8月も最終週。
今年は冷夏だったのか、ベランダ・玄関でひっくり返る蝉をあまり見かけませんでした。苦手だからいいんですが。

南関東の8月を締め括る重賞が、30日(水)大井競馬場で行われる「アフター5スター賞」。
人気はスアデラ、そして今週から復帰した御神本騎手騎乗のアピア。古豪ゴーディーに伸び盛りの3歳馬サブノジュニア。このあたりでしょうか。楽しみなメンツが揃いましたね。

ではさらっと出走馬考察を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフター5スター賞 出走馬考察

①番サブノジュニア

前走の優駿スプリント2着は出遅れの不利。サウスヴィグラス産駒らしく、1200【5-3-1-0】の快速馬で、世代№1は確定済み。53キロも追い風、鞍上和田譲騎手にとっても初重賞制覇のチャンス。

②番ジョーオリオン

前々走差し切りとはいえ、もう峠は過ぎた8歳馬。1600よりは合いそうだが、1200は若干忙しい印象。大井【0-0-1-7】も不得手。

③番デュアルスウォード

JRA5勝馬も転入後は【0-0-0-17】。出走手当狙いなのか、とにかく出てくれと頼まれているのか。どちらにせよ、ここも後方追走で終了。

④番キタサンミカヅキ

JRA在籍時はダ1200~1300で計6勝。OP京葉S勝ちもあり能力は確かだが、今回は転入緒戦。まずは様子見が妥当。

⑤番ゴーディー

連勝で前走サンタアニタトロフィーを快勝。9歳馬ながら再び上昇気流は、タフな母系(アラブ系)から来るものか。気持ち短い1200だが、6歳時に当レース2着。1分10秒8の時計もある。鞍上の的場文騎手は勝つたびに重賞勝利記録更新となるが、ここは騎乗4連続重賞制覇のチャンスも。

⑥番エイシンヴァラー

JRA6勝馬、カペラS(G3)1番人気というキャリアも。転入緒戦の前走は大井1600の大外15番枠。消極的な競馬になったことも仕方なく、1200のここは変わり身要注意。

⑦番スアデラ

復帰後は短距離路線へシフトチェンジしたが、この方向転換が見事に嵌り、前3戦はすべてワンサイドの圧勝劇。短距離で後続に1秒以上もの差をつけるということは、単純に絶対能力の違い。道中のスピード感、追い出されてのからの反応の鋭さ。どれを取っても超一流のスプリンターのソレで、ここも単なる通過点。

⑧番アピア

中央転厩など紆余曲折あったが、やはりベストはダートの短。3歳時に優駿スプリント快勝を含む、大井1200【8-0-0-0】の絶対感。鞍上に帰ってきた天才・御神本騎手。ここで完全復活といきたい。

⑩番バンドオンザラン

優駿スプリントではサブノジュニアの凡走に助けられた面も大きかったが、1200ベストを証明した形。ここは古馬相手で力関係が鍵となりそう。

⑬番ワディ

JRAダ1200~1400で計6勝。前走は気持ち忙しい1000m、最内枠で揉まれる競馬になったことを思えば悲観する内容ではなかった。距離延長、ノビノビ走れる外枠なら怖い存在に。

書けば書くほど、印のついた馬に気持ちが持っていかれますが、このブログは穴馬をスナイプしてこそのブログ。
とっておきの穴馬を見つけましたよ。

本命はスアデラでもなく、アピアでもなく、サブノでもなければ、ゴーディーでもなし。バンドでもなく、ワディでもなく、ミヤジマッキーが本命馬。

JRA在籍時からムラ駆けで、好走と凡走を繰り返す所謂「2番が効かない」タイプ。転入後の成績を見てもその傾向に変わりはなく、16年の師走オープン3着から、→7→1→6→2→6→2→9着。今回は走る番ですね。

距離も1600よりは1200向き。先行激化は免れない顔ぶれですから、2走前のようにジックリと脚を溜める競馬ならチャンスはあるはずです。直線外から、豪快なアクションで追い込んでくる瀧川騎手が目に浮かびますね。

それにしてもJRA時の勝負服と、瀧川騎手の勝負服がソックリで見分けがつきませんでした(笑)

最後に予想のおさらい。
◎⑮番ミヤジマッキー
○⑦番スアデラ
▲⑧番アピア
△①番サブノジュニア
△⑤番ゴーディー
△⑬番ワディ

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. リュウタ より:

    毎回勉強なります!

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      リュウタさん。
      嬉しいお言葉、ありがとうございます。
      今後も当たる予想、タメになる記事を心掛けて頑張りますっ!