【キーンランドC2017】◎モンドキャンノ!ワールドASJ

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

ワールドオールスタージョッキーズ、いいですね。オジサンとしましては、マリヨン騎手の美貌に釘付けなわけですが・・・。
『天才』中野省吾騎手もしっかりと存在感を示していますし、今日も白熱したレースが展開されそうです。

その札幌競馬場のメインは、第12回キーンランドC

1番人気は4.7倍でモンドキャンノですが、12番人気のエポワスが16.0倍ですから、かなり割れ加減。でもこういう時は意外に人気通りに収まってしまうんですよね。

昨年は3歳馬によるワンツーフィニッシュ。やっぱり斤量面の恩恵は大きく、今年も2頭(モンドキャンノ・メイソンジュニア)がスタンバイ。要注意ですね。

本命は「まさか」1番人気になるとは思わなかった⑨番モンドキャンノ

京王杯2歳Sでは、桜花賞馬レーヌミノルを破っての快勝。4着馬コウソクストレートも、その後重賞を勝ったわけですから、かなりの好カードと言えますし、朝日杯FS2着も上がり最速で2着。能力の高さは推して知るべしといったところですが、この2戦はともにスローの瞬発力勝負。総合力云々の一戦ではありませんでした。

スプリングS10着は別にして、タフな流れとなったNHKマイル9着がこの馬の本来の適性。父キンシャサノキセキからも、やっぱりベストはこの距離でしょう。

相手はソルヴェイグ、メイソンジュニア、シュウジ。3連系ならイッテツあたりも押さえたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワールドオールスターJ第3戦

◎②番ロックキャンディ
○⑭番ディープオーパス
▲⑦番ベストセラーアスク
△③番ティーラウレア
△⑨番ディアコンチェルト
△⑧番アナザーバージョン

本命は②番ロックキャンディ
ブリンカー2戦目で叩き3戦目。38ポイントでトップに立つ戸崎騎手がしっかりと結果を出してくれるでしょう。鞍上大強化は⑦番ベストセラーアスク。荻野琢→ルメールなら一味違った競馬が期待できそうです。

ワールドオールスターJ第4戦

◎⑧番アドマイヤメテオ
○⑬番ルグランフリソン
▲②番レッドベリンダ
△⑭番ラディウス
△③番エニグマバリエート
△⑩番マイネルユニブラン

本命は⑧番アドマイヤメテオ
昇級緒戦の前走が0秒8差8着。着順だけ見れば厳しいですが、レース振りはそれほど悪くありませんでした。
元々が相手なりのタイプで、今回は鞍上にモレイラ騎手。クラス慣れと「母父サンデー」のパワーを持ってすれば、馬券圏内も十分です。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする