【STV賞2017】恵みの雨だと思います。

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

バタバタしており、更新ができませんでした。ようやくひと段落・・・。

もう発走まで1時間を切っているものの、どうしても買いたい馬がいたのでアップします。

札幌11R「STV賞」に出走の⑤番ヒルノマゼランがその馬。

最内枠が当たった前走も本命にしたのですが、3番手からの競馬と、思いのほか消極的な競馬。
単勝勝負の私にとっては、不満の残る3着となったわけですが、今思えば勝ったのが好素材サングレーザーなら、素質そのものが違ったのかなとも。

加えて、重厚な血統背景(マンハッタンカフェ×ブライアンズタイム)からも、開幕週のパンパン馬場は今ひとつしっくり来なかったような気がします。

開催が進めば・・・と思っていましたが、そのチャンスはすぐに回ってきました。
1レースから土砂降りでの競馬、ここまでの走破時計を見ても「パワー型有利」は明らかです。

ここが2階級降級となるアットザシーサイドとティソーナが人気ですが、実はこの「2階級降級」というのは罠の可能性の方が大。ともに久々ということを思えば、そう簡単に結果を出せるとは思えません。

相手は②番ツーエムマイスター、④番ドゥーカ、⑥番カルヴァリオ。そして特注馬として、①番ユメノマイホーム。

まずは単勝⑤番、そして馬連で⑤→①②④⑥への4点。

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク