【川崎競馬オーガストフラワー賞2017】狙いはポッドティノ

こんばんは、某競馬専門紙の穴担当です。

早いもので、もう8月。1年なんてあっという間だなぁと思いつつ、財布の中身がなくなるのもあっという間だなぁ・・・と痛感しているところですが、本日の「ブリーダーズゴールドジュニアカップ」の記事(コチラ)をたくさんの方にご覧いただけたこと、大変嬉しく思います。肝心の予想はカスリもしてないわけですが・・・。

さて、本日は門別、川崎、笠松、園田での4場開催。重賞レースこそありませんが、いつだって必ず胸躍るレースがあります。そんなレースを探し当てるのが開催前日の楽しみなわけですが、明日は川崎競馬9R「JRA交流・オーガストフラワー賞」が該当レース。

人気は、転入戦圧勝の⑨番ドゥアイドゥ
確かに前走の強さには一目置かざるを得ませんが、門別、名古屋在籍時から距離に限界があった馬。交流戦で相手が上がる今回は、前走とはペースも違います。ある種、勝っても負けても納得といったところだと思います。

⑬番コスモカンナムは、交流戦に照準を当てて4→3→2着と成績が安定。レース振りにも余裕が出てきましたから、今回も有力候補の1頭であることは間違いありません。

キョウエイハッチの前2走は、交流戦+ブリンカーの相乗効果によるところが大きい。もちろん無視はできない1頭ですが、今の川崎の馬場に合うかどうか微妙なところ。マークシートは、塗れても3着まででしょう。

そして今回の主役ポッドティノ
中央在籍時は、ダートで4回の入着歴。未勝利突破も見えていた馬で、交流戦のこの相手なら素質が一枚上という見方も十分可能。

問題は地方競馬への馬場適性ですが、母アグリフェスタは、ウイングアロー直仔として現役時にはエーデルワイス賞(GⅢ)②着。半兄トミケンシェルフもJRAダート3勝馬と、ゴリゴリのパワー血統ですから、適性云々は重箱の隅をつつくようなもの。小柄な体もこの血統なら、まったく気になりません。無問題。

この中間もしっかりと稽古を消化し、直前29日はビシッと追って68.9-53.5-398-をマーク。鞍上に矢野騎手を配して、態勢万全。ドゥアイドゥ軽視の身からすれば、ここは狙う価値十分。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーガストフラワー賞予想 俺の◎○▲

◎⑧番ポッドティノ
○⑬番コスモカンナム
▲②番ダムールベルン
△⑨番ドゥアイドゥ
△⑦番レーヴァンドール
△⑪番マイネルピョートル

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする