【ブリーダーズゴールドジュニアカップ2017】荒れる要素しかない一戦。決め手はスタミナ?

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

日曜日の大井最終Rで、ゴンタ→アンワンワールドの馬連を非常に分厚く購入。まぁ、出遅れは仕方ないとしても、なぜあそこまでインに拘ったんだよぉ・・・。文さま・・。

クイーンSも◎トーセンビクトリーまでは完璧でしたが、勝ったアエロリットは紙面上でも△止まりで、馬券は的中ならず。

母父サンデーは読み切っていたのに、対象馬が3頭(エアウインザー・ロライマ・ユノディエール)も出走した9Rでは、唯一馬券に絡まなかったユノディエールが本命ですから、もうドツボのドツボ。

まぁ、レイエンダハヤブサマカオーの圧倒的な強さを観ることができましたから、良しとしましょうか。この2頭は、とにかく強かった。レイエンダなんて、ほぼディープインパクトですよ。来年のダービーも見えちゃったかな?

今週の中央競馬は、小倉記念とレパードS。小倉記念は「母父トニービン」だけ買っていればOKですし、レパードSはエピカリスを買うか買わないかだけ。ありとあらゆる妄想を膨らませながら、また一週間頑張ります。

本日は盛岡と川崎競馬場での開催ですが、重賞はなく穏やかな一日。川崎競馬で狙いたい馬が数頭いますが、状態面など諸々をチェックしたいので、twitterで呟きたいと思います。

で、今回アップするのは、火曜日に門別競馬場で行われる2歳重賞「ブリーダーズゴールドジュニアカップ」。レース名が長い・・・。栄冠賞を勝って2戦2勝としたサザンヴィグラスに注目が集まりますが、1200を連勝しただけですから、1600でどうなの?と思う方も多いかと思います。穴党にとっては堪らんレースとなりそうですね。

昨年はストーンリバーが勝ち、2着にヒガシウィルウィン。かなりの豪華メンバーだったんだなと痛感しますが、ストーンリバーはホワイトマズル産駒で、ヒガシはサウスヴィグラス産駒とはいえ、母父がブライアンズタイム。スタミナ色を感じさせる配合馬が好成績というのが、一つのポイントとなりそうです。

では一週間のスタートをビシッと決めるために。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリーダーズゴールドジュニアカップ予想 俺の◎○▲

◎シュヴァルダムール(牡2 阿部龍 角川厩舎)

初戦はマクリ一発で完勝。1200までしか経験がない馬が多い中、1700で勝てたという点は何よりの強み。兄姉に目立つ活躍馬はいませんが、叔父のロールオブザダイスはトワイニング産駒ながら平安S(ダ1800)を勝ち、東京大賞典(ダ2000)でも3着と好走した馬。母系は意外にもスタミナ色が濃いかったりするのです。キャリアの浅ささえ出さなければ、ここでも十分通用でしょう。

○キタノシャガール(牡2 桑村 角川厩舎)

新馬勝ち後、3、5着と成績は落としていますが、一貫して強靭なスピードは誇示。常にハイペースながらも大崩れしないあたりが素質の証明とスタミナの裏付けともいえるでしょう。父フリオーソ、母父ウイニングチケットならこちらも好走条件は満たしています。

▲⑥番ハーリーバーリー(牡2 吉原 田中淳厩舎)

1700で勝ち上がり、前走はオープンでも2着と好走。今回は乗り替わりとなりますが、鞍上の吉原騎手は同日に金沢競馬場で石川ダービー馬ヴィーナスアローが出走するにもかかわらず、こちらへ回ってきました。理由は定かではありませんが、少なくとも勝ち目がないのに選ぶはずがありませんからね。注目です。

馬券は◎○▲の馬連BOXでイキマス。